音楽ナタリー

M!LK板垣瑞生、NHK大河ファンタジー「精霊の守り人 シーズン2」で皇太子役

1616

左から壇蜜、鈴木亮平、板垣瑞生、綾瀬はるか、鈴木梨央、真木よう子、柄本明。(写真提供:NHK)

左から壇蜜、鈴木亮平、板垣瑞生、綾瀬はるか、鈴木梨央、真木よう子、柄本明。(写真提供:NHK)

M!LKの板垣瑞生が、2017年1月より放送されるNHK総合のドラマ「放送90年 大河ファンタジー 精霊の守り人 シーズン2」に出演することが発表された。

「精霊の守り人」は上橋菜穂子の同名ファンタジー小説のテレビドラマ化作品。綾瀬はるか主演で3月19日より3年にわたり3部作、全22回で放送される。板垣が演じるのは新ヨゴ国の皇太子・チャグム。綾瀬演じる女用心棒のバルサに守られ逃避行し、その際に精霊の世界「ナユグ」を見る能力を身に付けるという役柄だ。

本日4月8日に行われた作品の会見に登壇した板垣は「そうそうたる共演者の方々に緊張していますが、新ヨゴ国を救える男になれるようにがんばりたいと思います。皆さん温かく見守ってください」と挨拶。自身の役については「僕は皇太子という役柄なんですが、シーズン1のチャグムのベースを崩さないで、なおかつ観てくれている皆さんに、品格であったり『こういうところが変わったな』ってどんどん成長していく過程を楽しんでいただけるようにがんばりたいと思います」と意気込みを語った。

「放送90年 大河ファンタジー 精霊の守り人 シーズン2」にはほかにディーン・フジオカ、壇蜜、鈴木亮平、鈴木梨央、真木よう子、柄本明らが登場する。

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
M!LK「新学期アラカルト」インタビュー - “ポップでかわいい”が僕らでしょ! M!LKにまつわるアラカルト

音楽ナタリーをフォロー