音楽ナタリー

夢アド×バンもん!、もんスターと“一狩り行こうぜ!”

627

夢みるアドレセンス、バンドじゃないもん!によるコラボライブの様子。(撮影:稲垣謙一)

夢みるアドレセンス、バンドじゃないもん!によるコラボライブの様子。(撮影:稲垣謙一)

夢みるアドレセンスが3月22日に東京・下北沢GARDENにて「夢アド春の3番勝負 ~Road to Zepp DiverCity~」と銘打ったツーマンライブを開催した。

3月15日から3週連続で実施されている「夢アド春の3番勝負」の第2弾として行われたこの日の公演には、バンドじゃないもん!が出演。定刻を迎え、怒号のような歓声が沸く中でステージに現れたバンもん!は「ツナガル!カナデル!MUSIC」「雪降る夜にキスして」といったシングル曲を連投し、フロアのテンションを一気に引き上げていく。MCでは天照大桃子が「個人的にも夢アドさんのことがとっても大好き」と話し、もんスター(バンドじゃないもん!のファン)だけでなく、ユメトモ(夢みるアドレセンスのファン)にもアピール。メンバーのパフォーマンスをドラムの演奏で支える鈴姫みさこは、自身も汗だくになりながら「ここの湿度を99%にして帰りましょう」とフロアを煽る。彼女たちがライブの定番曲「パヒパヒ」を繰り出すと、フロアからは一段と大きなコールが響きわたった。

夢みるアドレセンスが「Bye Bye My Days」でライブをスタートさせると、ユメトモはもんスターに負けじと声を張ってステージ上に声援を送る。MCではメンバー同士で「バンもん!さんってカッコいい!」「あまりお話したかったことがなかったけど、皆さん優しかった」といったトークを展開。また荻野可鈴が「『もんスター』って言うと、なんだか『モンハン』(ゲーム『モンスターハンター』シリーズの略称)みたいだね」と話すと、京佳は「みんなで“一狩り行こうぜ!”」と呼びかけ、オーディエンスのテンションに火をつける。「Hi! Summer Dreamer」の歌唱中には、ユメトモともんスターがそれぞれのグループのタオルを振り回し、一体感のあるパフォーマンスが展開された。

アンコールでは荻野、京佳、山田朱莉の3人が白衣にメガネという衣装で登場。彼女たちは「メガネ萌え 白衣も萌え」という歌詞が出てくるバンドじゃないもん!の「ショコラ・ラブ」を歌唱し、オーディエンスを魅了した。ライブの最後には夢アドとバンもん!メンバーがステージ上に集結し、全員で「舞いジェネ!」を熱唱。大盛り上がりの中、この日のツーマンライブは大団円を迎えた。

なお明日3月29日には「夢アド春の3番勝負 ~Road to Zepp DiverCity~」の第3回「ユメトモの竹芝」が、同会場で行われる。このライブには夢アドのほか、東京女子流が出演する。

夢アド春の3番勝負 ~Road to Zepp DiverCity~ 第2夜 ユメトモの汐留
2016年3月22日 下北沢GARDEN セットリスト

バンドじゃないもん!

01. ツナガル!カナデル!MUSIC
02. 雪降る夜にキスして
03. アイの世界
04. NaMiDa
05. タカトコタン
06. White Youth
07. ショコラ・ラブ
08. パヒパヒ

夢みるアドレセンス

01. Bye Bye My Days
02. キャンディちゃん
03. 17:30のアニメ
04. ひまわりハート
05. 舞いジェネ!
06. くらっちゅサマー
07. Hi! Summer Dreamer
<アンコール>
08. ショコラ・ラブ
09. 舞いジェネ!

夢アド春の3番勝負 ~Road to Zepp DiverCity~ 第3夜 ユメトモの竹芝 / 東京女子流

2016年3月29日(火)東京都 下北沢GARDEN
<出演者>
夢みるアドレセンス / 東京女子流

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】