音楽ナタリー

METAFIVE小山田圭吾、砂原良徳、LEO今井がTBSで“オトナ”を語る

530

左よりいとうせいこう、砂原良徳、小山田圭吾、LEO今井。 (c)TBS

左よりいとうせいこう、砂原良徳、小山田圭吾、LEO今井。 (c)TBS

2月24日(水)と3月2日(水)深夜にTBS系で放送される「オトナの!」に、METAFIVEの小山田圭吾、砂原良徳LEO今井が出演する。

この回は司会のユースケ・サンタマリアがインフルエンザのため収録を欠席し、もう1人の司会者いとうせいこうと番組プロデューサーの角田陽一郎氏が司会進行を担当。3人は冒頭からユニークな自己紹介を繰り広げ、いとうに「なんなんだこのグループは!(笑)」と突っ込まれる。

番組ではMETAFIVE結成の経緯や曲作りの方法、個々の活動とバンドとしての活動の違いについて3人が説明する。「(アレンジは)そのとき暇な人がやる」「1人2曲でアルバムができるならそりゃ楽だよね!(笑)」といった本音が続々と飛び出し、スタジオは大爆笑に。さらに「オトナのバンド」「オトナの主張」といったテーマでもそれぞれが語る。

TBS「オトナの!」

2016年2月24日(水)25:31~26:01
2016年3月2日(水)25:31~26:01

音楽ナタリーをフォロー