音楽ナタリー

HER NAME IN BLOOD × NOCTURNAL BLOODLUST、轟音の“ブラッド対決”

674

HER NAME IN BLOOD(Photo by Shumpei Kato)

HER NAME IN BLOOD(Photo by Shumpei Kato)

HER NAME IN BLOODが1月23日に東京・LIQUIDROOMにて全国ツアー「BEAST MODE TOUR 2015」の最終公演を開催。ゲストにNOCTURNAL BLOODLUSTを迎えてのツーマンライブが行われた。

「BEAST MODE TOUR 2015」は2015年9月に発表されたHNIBのメジャーデビューミニアルバム「BEAST MODE」のレコ発ツアー。LIQUIDROOM公演は本ツアーのファイナルシリーズとして組まれた東名阪ライブの千秋楽で、多くの観客を相手にHNIBとノクブラが白熱のライブを繰り広げた。

先攻のノクブラは序盤から「Pleasure of Torture」「銃創」とデスコアチューンを連投。尋(Vo)のデスシャウトや、Daichi(G)、Cazqui(G)、Masa(B)によるヘビーなリフ、Natsu(Dr)が刻む高速ビートでフロアの熱気を引き上げる。尋は「お前らの戦場はそこだ。男も女も関係ねえ!」と煽って「T.Y.R.A.N.T」を熱唱。さらに「もっと楽しもうぜ! もっと暴れようぜ! 俺たちとHER NAME IN BLOODは血でつながってるんだよ!」と叫び、「DEAD END」へ。この曲では尋が観客を座らせてから一斉にジャンプさせるなどフロアを扇動していた。

彼らのライブではさらにCazqui(G)がボスハンド奏法を使ったテクニカルなソロを見せるなど、個々のスキルが生きる「DESPERATE」や、尋がデスシャウトのみならず地声でも野太い声を響かせた「I-V-III」などが次々に届けられた。ライブ後半に尋は「お前らHNIBまで体力を温存しておくとかやめろよ。全部のライブを全力で楽しんでいけよ!」と話してから、「まだまだ足りないぜ、ぶっ飛ばしてくぞ!」と煽って「Punch me if you can」を投下。この曲ではゲストとしてIkepy(Vo / HER NAME IN BLOOD)が参加し、オーディエンスのさらなる興奮を誘った。その後5人はオーディエンスにウォールオブデスを求めるなど、ラストの「A Day to Re:member」まで攻撃的なライブを展開した。

HNIBのライブは雷鳴が轟くオープニングSEから幕を開け、まず短パン一丁で気合い十分のUmebo(Dr)がドラムを叩き始める。そしてDaiki(G)、TJ(G)、Makoto(B)が颯爽とステージに駆け込み、最後にIkepyが貫禄たっぷりにゆったりと登場。彼らは「BEAST MODE」を1曲目にプレイし、ラウドなサウンドがLIQUIDROOMを包み込んでいく。Ikepyは轟音の中で「どうした東京! お次はサークルピットだ!」「全力の叫び声を俺たちに届けてくれ!」と声を上げてフロアをアジテート。「GASOLINES」ではDaikiとTJが「YEAHHH!!」と書かれたボードを掲げ、オーディエンスにコール&レスポンスを促した。

ライブ中に革ジャンを脱いでタンクトップ姿になったIkepyは「俺たちと新しいヘヴィメタルの歴史を、ここ日本から生み出していこうぜ! お前らの“BEAST MODE”を、野生の本能を呼び覚まそうぜ!」とまくし立て、「UNSHAKEN FIRE」ではフロアに身を乗り出して絶唱した。バンドは怒涛の勢いでメタルコア、ラウドチューンを畳みかけ、The Offspring「PRETTY FLY」のカバーも演奏。さらに「今日は俺が今より20キロくらい痩せてた頃から応援してくれてるお客さんも来てるし、最近ファンになってくれた子にもいつもはやっていない昔の曲を届けるぜ。今日のブラッド対決、もっと激しくやろうぜ!」というIkepyの言葉のあと、彼らは2010年発表の1stフルアルバム「DECADENCE」のタイトル曲をプレイしてファンを喜ばせた。

続く「THIS IS RETRIBUTION」ではCrystal LakeのRyo(Vo)がゲスト参加し、客席にダイブするなどハイテンションなパフォーマンスを見せた。HNIBはライブ本編を「WE REFUSE」で締めくくり、アンコールでは「ONE REASON」のミュージックビデオで着用している学ラン風の衣装を身にまとって登場。ツアー終了後にバンドがレコーディング期間に入ることや、4月に新作音源のリリースを予定していることを発表してから「ONE REASON」を届けた。バンドはさらに「お前らのためのアンコールなんだよ、ここをめちゃくちゃにしようぜ」とIkepyが煽ってから、「GORILLA」をプレイ。ラストナンバー「HALO」ではフロアにウォールオブデスが発生したほか、Makotoが「飛んでこい!」と煽ると、ステージにはダイバーが押し寄せた。さらにノクブラの尋がステージに登場し、ラストはIkepyと並んでシャウト。HNIBは熱狂の中で「BEAST MODE TOUR」の有終の美を飾った。

※記事初出時、本文に事実と異なる記述がありました。訂正してお詫びいたします。

HER NAME IN BLOOD "BEAST MODE TOUR 2015 FINAL Series"
2016年1月23日 LIQUIDROOM セットリスト

NOCTURNAL BLOODLUST

01. Pleasure of Torture
02. 銃創
03. T.Y.R.A.N.T
04. DEAD END
05. DESPERATE
06. I-V-III
07. Punch me if you can
08. V.I.P
09. VENOM
10. A Day to Re:member

HER NAME IN BLOOD

01. BEAST MODE
02. LET IT DIE
03. BLEED ON
04. GASOLINES
05. UNSHAKEN FIRE
06. INSANITY
07. STICKS & STONES
08. IF I MELT AWAY
09. PRETTY FLY(※The Offspringカバー)
10. DECADENCE
11. THIS IS RETRIBUTION
12. CUTS INTO PIECES
13. WHEN THE WORLD IS GONE
14. WE REFUSE
<アンコール>
15. ONE REASON
16. GORILLA
17. HALO

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】