音楽ナタリー

泳ぎ続ける魚バンド、クラムボン新作インタビュー

クラムボンがアルバム「Re-clammbon 2」を本日6月3日にリリースした。このアルバムは、過去の楽曲をリアレンジしたセルフカバー集。“普通のバンド”とは異なる彼らの魅力を詰め込んだ1枚だ。

今回ナタリーでは原田郁子、ミト、伊藤大助の3名にインタビューを行い、この新作の制作意図や「普段はあまり会わない」という3人の距離感などについて語ってもらった。「クラムボンの姿勢はジャズというよりブルースに近い」(ミト)と語る、その真意をこのロングインタビューで確かめてもらいたい。

ナタリー - [Power Push] クラムボン

音楽ナタリーをフォロー