音楽ナタリー

荻野目洋子、ブレーカー落ちる熱狂インストア

69

荻野目洋子のインストアライブの模様。

荻野目洋子のインストアライブの模様。

荻野目洋子のニューアルバム「ディア・ポップシンガー」が8月20日に発売。これを記念し、9月15日に東京・タワーレコード渋谷店1Fイベントスペースにてインストアイベントが行われた。

荻野目はボーダーのワンピースに黒いスパッツという姿で登場。ステージに上がると客席から「荻野目ちゃーん!」という大きな歓声が沸き起こり、1曲目の「六本木純情派」で会場のボルテージは一気に上がった。

この日のライブではアルバム「ディア・ポップシンガー」に収録されたWham!「フリーダム」のカバーや新曲「キミとタイムマシン」のほか、1989年に発表されたヒット曲「ユア・マイ・ライフ」を歌唱。MCではアルバム制作の経緯や今後の活動に対する意気込みなどが語られた。途中荻野目の代表曲である「ダンシング・ヒーロー」を歌う際にはブレーカーが落ち、機材や会場の照明の一部が使用できなくなるハプニングがあったが、「何度でも歌いなおすよ!」とのコメントにファンが歓喜する一幕も見られ、計5曲を披露。ライブ終了後はサイン会も実施され、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

なお荻野目はデビュー30周年記念ライブ「30th Anniversary LIVE ディア・ポップシンガー」を10月16日に東京・赤坂BLITZにて開催する。

荻野目洋子「30th Anniversary LIVE ディア・ポップシンガー」

2014年10月16日(木)東京都 赤坂BLITZ

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】