音楽ナタリー

リア・ディゾン、初ツアーで熱いギター演奏披露

リア・ディゾンの全国ツアー「Live Communication!!!」が、10月7日から大阪なんばHatchにてスタートした。

彼女にとって初のツアーとなる今回。開場時間の3時間前からファンが列を作るなど、ツアーに対する期待度の高さがいろいろなところから見て取ることができた。

関西でのライブは2度目となるリアは、「こんばんは~。京都では去年学園祭でライブをしました」「知ってるでしょ? わたしMCヘタクソです……一年経ったけど全然だめです。わからんけん。しゃーない……」と独自の関西弁を織り交ぜたMCを展開。8月リリースの2ndアルバム「Communication!!!」からのナンバーを中心に、アップテンポなダンスナンバーから感涙のバラードまで、バラエティ豊かな楽曲で会場のファンを魅了した。

ライブ中盤ではリア自身がギターを手にし、自ら作曲を手がけたナンバーを披露。「Lost at Sea」ではアコギ、「BxKxxRxxx」ではエレキギターを弾き、ロック魂あふれるパフォーマンスをファンに見せつけた。この日のためにリアは、「ギターで作曲してたけど、(こうやってパフォーマンスするのは)すごく難しい……。とにかくリハーサル頑張りました~」と毎日ギター持参で仕事に臨み、空き時間があるとつねに練習を続け、家に帰ってもひたすら練習を続けたという。

なお、今回のツアーファイナルとなる10月14日のSHIBYA O-EAST公演の模様を中心とした初のライブDVDが、12月10日に発売されることも決定。残念ながらツアーに参加することができないファンは、こちらのリリースを楽しみにしておこう。

音楽ナタリーをフォロー