映画ナタリー

有村架純が釜山国際映画祭でアジアスター賞を受賞、喜び語る

1077

第22回釜山国際映画祭にて、受賞のスピーチをする有村架純。

第22回釜山国際映画祭にて、受賞のスピーチをする有村架純。

ナラタージュ」でヒロイン役を務めた有村架純が、第22回釜山国際映画祭にてアジアスター賞を受賞した。

監督の行定勲とともに映画祭に参加中の有村は「私らしく、作品を愛し、役を愛し、これからもがんばっていきたいと思います。本日はありがとうございました」と受賞の喜びを語った。

同映画祭のガラプレゼンテーション部門にて本日10月13日に上映された「ナラタージュ」は、教師と生徒という立場で出会った男女が時を経て再会し、禁断の恋に落ちていくさまを描いたラブストーリー。松本潤が妻帯者の教師・葉山貴司、有村が葉山を愛する大学生・工藤泉を演じた。

(c)2017「ナラタージュ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー