映画ナタリー

殺し屋同士の緊迫感あふれる攻防戦「キラー・セッション」公開決定、予告編も解禁

56

「キラー・セッション」

「キラー・セッション」

フランスのアクションスリラー「キラー・セッション」が、10月21日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、11月5日より大阪のシネ・リーブル梅田にて上映される。

本作は、凄腕の殺し屋と、快楽殺人者でもある伝説的な殺し屋・トッドの攻防戦を描くアクションスリラー。フランスとコロンビアの麻薬組織による取引が行われる直前、凄腕の殺し屋がコロンビア側の男たちを皆殺しにする。激怒したコロンビア側は、アジア人の殺し屋トッドを差し向け犯人を追い詰めていく。「スリープレス・ナイト」のトメル・シスレーが凄腕の殺し屋を演じ、トッドに「香港国際警察/NEW POLICE STORY」のテレンス・インが扮する。監督を務めるのは「ワン・ミス・コール」のエリック・ヴァレット

YouTubeで公開中の予告編には、凄腕の殺し屋が人質を取り民家に立てこもるさまや、彼とトッドの緊迫感あふれる戦いが切り取られている。

「キラー・セッション」は、上映企画「ワールド・エクストリーム・シネマ2017」の1本として公開。詳しい上映スケジュールは「ワールド・エクストリーム・シネマ2017」の公式サイトで確認を。

(c)2017 THE FRENCH CONNECTION – CAPTURE[THE FLAG]FILMS – NEXUS FACTORY – UMEDIA

映画ナタリーをフォロー