映画ナタリー

妻夫木聡が日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞、綾野剛と熱く抱擁

7182

綾野剛と抱擁する妻夫木聡(中央右)。

綾野剛と抱擁する妻夫木聡(中央右)。

妻夫木聡が、「怒り」の演技により第40回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した。

これは本日3月3日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式にて発表されたもの。妻夫木は「『悪人』で最優秀主演男優賞をいただいたときにはこの会場にいられなかったので、今回皆さんと喜びを分かち合えることがうれしいです。小さい頃からなんの取り柄もなかった自分が今俳優をやっていることが不思議ですが、こうして賞をもらえるなんて夢のようです。これも綾野剛くんと一緒に役を作り上げることができたからです」とコメント。降壇時には、「怒り」で共演した綾野剛と熱い抱擁を交わした。

授賞式には、優秀助演男優賞の受賞者も出席した。「永い言い訳」の竹原ピストルは共演した本木雅弘に「カメラの前だけでなく、いつも優しくしてくれてありがとうございました」と感謝。「聖の青春」で松山ケンイチ演じる村山聖のライバル・羽生善治に扮した東出昌大は、「僕はこの映画におけるヒロインだと思っています」と話した。「怒り」の森山未來は役作りのため実際に無人島で生活したことを明かし、「朝になったら海に入って頭を洗って歯を磨いた」と振り返って来場者たちを驚かせる。そして「SCOOP!」で薬物中毒者の役を演じたリリー・フランキーは「褒めてくれる人みんなが『すごくリアルだった』とか『本当に薬物をやってるみたいだ』と言うんですよ。個人事務所で細々とやってるので、これはあまりよくないなと思い、今日は目立たないように黒っぽい衣装で来ました」とジョークを飛ばし笑いを誘った。

※日本アカデミー賞関連記事はこちらから

優秀助演男優賞

※★印が最優秀助演男優賞
竹原ピストル「永い言い訳」
妻夫木聡「怒り」
東出昌大「聖の青春」
森山未來「怒り」
リリー・フランキー「SCOOP!」

撮影:佐藤友昭

映画ナタリーをフォロー