映画ナタリー

葵わかな初主演映画「ホラーの天使」沖縄映画祭で上映、矢倉楓子と藤田みりあも出演

1042

「ホラーの天使」撮影風景

「ホラーの天使」撮影風景

元乙女新党の葵わかなが映画初主演を務める「ホラーの天使」が、4月21日から24日にかけて沖縄で開催される第8回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」で上映されることが明らかになった。

フェイクドキュメンタリー「放送禁止」シリーズで知られる長江俊和がメガホンを取った本作は、現在はスタジオとして使用されている廃校を舞台にしたホラー映画。若手女優、アイドルユニット、コンビ芸人ら7人がそこで体験する恐怖を描く。出演者には葵のほかに恒松祐里水谷果穂NMB48矢倉楓子フェアリーズの藤田みりあ、 ライセンス藤原一裕草野イニ横浜流星竹中直人らが並ぶ。

本日最終回を迎えたドラマ「マネーの天使~あなたのお金、取り戻します!~」でも矢倉、藤田らと共演していた葵。同作への意気込みを「今回、初ホラーということでとても新鮮な気持ちを持ちながら撮影に臨むことができました。私の役どころはある意味霊を作るという感情の起伏が激しく難しい役だなと思ったのですが、それも監督と話し合いながら作っていくことができました。観る方に怖いけど楽しいという気持ちを持っていただければうれしいです」と語っている。

映画ナタリーをフォロー