ジャンプ作品の世界で遊べるテーマパーク、本日池袋に開園

 
mixiチェック

2013年7月11日 11:10 803

イメージ

「ソルジャードッグアドベンチャー」では、ミニメリー号に乗って「ONE PIECE」の世界を体験できる。(c)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

週刊少年ジャンプ、ジャンプスクエア(ともに集英社)のテーマパーク「J-WORLD TOKYO」が、本日7月11日、池袋サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル3階にオープンした。

「J-WORLD TOKYO」では、ジャンプ作品のさまざまなアトラクションを設置。中でも尾田栄一郎「ONE PIECE」、鳥山明「ドラゴンボール」、岸本斉史「NARUTO -ナルト-」はそれぞれのエリアが常設されている。

「ONE PIECE」エリアには、360度回転するミニメリー号やシャークサブマージ3号に乗り込み、マルチスクリーンで作品世界を体験できるライドアトラクション「ソルジャードッグアドベンチャー」と、メリーゴーラウンド「シロモクバのカイテンモクバ」が設置されている。また「ONE PIECE」のキャラクターをモチーフにしたデザートやドリンクを提供する「カフェ マドモアゼル」も。

「ドラゴンボール」エリアには、ドラゴンボールを集め神龍を呼び出すアラウンド型アトラクション「つかもうぜ!ドラゴンボール!!」と、悟空と一緒に「かめはめ波」を撃ち敵を倒す3D体験型アトラクション「はなとうぜ!かめはめ波!!」を常設。そして「NARUTO」エリアでは、無線機から聞こえる上忍の指示に従って進んでいくウォークスルー型アトラクション「激闘!忍界大戦絵巻!!」が楽しめる。

そのほか定期的に内容が入れ替わる「ヒーローズアリーナ」には、加藤和恵「青の祓魔師」、空知英秋「銀魂」、秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、許斐剛「新テニスの王子様」、島袋光年「トリコ」、冨樫義博「HUNTER×HUNTER」、久保帯人「BLEACH」が登場した。それぞれ景品が当たるゲームが用意されており、価格は1回300円。

ジャンプ作品とのコラボメニューが楽しめる「J-WORLD KITCHEN(ジェイワールドキッチン)」では、「魔人ブウまん」「銀時のいちごパフェ」「跡部王国『スケスケだぜっ!』フラッペゼリー」「ゴンのジャジャン麺」などさまざまなメニューが提供される。見た目も楽しいフードが勢揃いした。

J-WORLD TOKYO

住所:東京都豊島区東池袋3-1-3サンシャインシティ ワールドインポートマート3F
営業時間:10:00~22:00 ※最終入園は21時まで
定休日:なし
入園料:大人(高校生以上)1300円、子供(4歳以上~中学生以下) 1000円 ※施設の利用は別途料金が必要
運営主体:株式会社ナムコ
特別協力:株式会社集英社 週刊少年ジャンプ編集部

Twitterからのコメント

さらに読み込む

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!