コミックナタリー

「刃牙」継続へ、板垣恵介「発表せずにはいられない」

1216

「グラップラー刃牙」シリーズを手がける板垣恵介のロングインタビューが、本日8月23日に発売された週刊少年チャンピオン39号(秋田書店)に掲載されている。このインタビューで板垣は、時期は未定ながら「刃牙」シリーズの再開を考えていることを明かした。

シリーズ第3部の「範馬刃牙」は、先週8月16日に発売された週刊少年チャンピオン38号で完結したばかり。板垣への取材は最終話の執筆直後に行われており、描き終えた感想、範馬父子への思い、作品誕生の経緯などを語っている。

またシリーズの今後に話題が及ぶと「刃牙の世界観はずっと続く」とコメントし、「範馬刃牙」の完結については「ひとつの句読点を打ったという感覚しかない」と打ち明けた。インタビュアーに「いつか再開するという意味ですか?」と質問された板垣は、「そう解釈してもらっていいですよ」と返答。「刃牙」の世界に登場させたいキャラクターが生まれた暁には発表せずにはいられないこと、すでにそうしたキャラクターが生まれつつあることを明言した。

なお板垣が次に発表する作品は、過去にヤングチャンピオン(秋田書店)に掲載された「習志野第一空挺団」シリーズの新作。同作はかつて陸上自衛隊に勤務していた板垣が当時の体験を描く、自伝的作品だ。掲載時期は、追って告知される。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞