AKB48×青山剛昌、サンデーで前田敦子が探偵の集中連載

 
mixiチェック

2012年6月19日 10:24 466

イメージ

青山剛昌が執筆した前田敦子探偵。後ろにはひっそりとコナンの姿も。(C)青山剛昌/小学館

秋元康原案・青山剛昌原作による「AKB48殺人事件」が、7月4日発売の週刊少年サンデー31号(小学館)から全9話で集中連載される。マンガを描くのは新人の梧桐柾木。

「AKB48殺人事件」は、アイドルグループのAKB48を題材とした探偵ドラマ。前田敦子扮する名探偵が、容疑者であるAKB全メンバー89人の中から真犯人を探しだすという筋書きだ。

同作は江崎グリコ「アイスの実」とのコラボレーション企画になっており、マンガと連動した内容のCMも6月25日よりオンエア。WEBサイトにも事件のヒントを動画でアップロードするなど、メディアを横断して事件の真相に迫っていく。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!