コミックナタリー

日本漫画家協会賞、大賞は「ONE PIECE」&「ねこだらけ」

384

本日5月11日に、第41回日本漫画家協会賞が発表された。大賞は2部門あり、コミック部門では「ONE PIECE」の尾田栄一郎が、カーツーン部門では「ねこだらけ ナイス」で横山キムチが選ばれた。

「ONE PIECE」は、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探す海賊たちの冒険記。受賞理由は「発想のユニークさ、絵のうまさ、ストーリーの展開は、やはり現在ナンバーワンである」として、大賞に輝いた。

「ねこだらけ ナイス」はモーニング(講談社)で連載されているサイレント4コマ「ねこだらけ」の第3巻。台詞や擬音を用いず、2本足で立つ猫たちの軽妙な動きで笑いを誘う表現が評価され、「文字がない。無言の画面である。三匹の猫の動きだけが妙に素晴らしい。ついつい引き込まれて読んでしまう」と受賞理由が挙げられている。

このほか特別賞にはマンガ文化に貢献したとして、博物館・京都国際マンガミュージアムが選出。文部科学大臣賞には「地球へ…」などで知られる竹宮惠子が選ばれ、その全作品と大学でのマンガ教育をはじめとする活動が評価された。

選考委員は日本漫画家協会理事長のやなせたかしをはじめ、植田まさし、里中満智子、松本零士ら12名が務めた。大賞には金彩プレート盾、メダル、副賞の賞金50万円が、特別賞には銀彩プレート盾、メダル、副賞の賞金20万円が、文部科学大臣賞には表彰状が贈られる。贈賞式は6月22日に帝国ホテルにて。

コミックナタリーをフォロー