コミックナタリー

「孔雀王」新シリーズ、孔雀の修行時代を月スピで描く

80

荻野真の新連載「孔雀王ライジング」が、本日3月27日に発売された月刊!スピリッツ5月号(小学館)にてスタートした。

「孔雀王ライジング」は、荻野が1985年から描き続けている「孔雀王」シリーズの最新作。密教呪術の総本山・裏高野で修行を積んだ主人公の退魔師が、次々に現れる妖怪や化け物を退治する伝奇ホラーだ。シリーズ4作目となる「孔雀王ライジング」では、主人公の修行時代を描く。

なお月刊!スピリッツ5月号には、手原和憲「ミル」をあしらった特製の手帳が付属する。手帳は表紙、裏表紙だけでなく中面にまでミルが描き込まれ、ネコ好き必携のデザインに仕上がっている。

コミックナタリーをフォロー