コミックナタリー

映画テルマエ・ロマエ、北村一輝ら顔濃い俳優がローマ人に

2350

ヤマザキマリ原作の映画「テルマエ・ロマエ」の追加キャストが発表された。ルシウス役の阿部寛、ヒロイン役の上戸彩に続き、第14代ローマ皇帝・ハドリアヌス役を市村正親が、次期ローマ皇帝候補・ケイオニウス役を北村一輝が、ハドリアヌス帝の側近・アントニヌス役を宍戸開が演じる。

映画「テルマエ・ロマエ」は、3月14日にクランクイン。イタリア最大の映画撮影所・チネチッタにある古代ローマの巨大オープンセットで、現地のエキストラ1000人を交え、壮大なスケールを活かした撮影が行われた。

ルシウスの周りを固める重要なローマ人役も市村正親、北村一輝、宍戸開と、日本屈指の顔の濃い役者たちが揃ったため、古代ローマシーンの撮影は何の違和感もなく順調に撮り終えたという。また現代の日本に生きる「平たい顔族」としては、上戸彩のほか笹野高史ら純和風な顔立ちのキャストが脇を固める。

「テルマエ・ロマエ」は、様々な日本の風呂へとタイムスリップする古代ローマの公衆浴場設計技師ルシウスを描くコメディ。映画は2012年ゴールデンウィークに全国公開される。

コメント

ヤマザキマリ

最初、実写映画化という話を聞いた時は、正直大変不安になりました。日本人に付けッ鼻とかだったらどうしよう、とか(笑)でも、ローマでのロケは最初から最後まで見に行 きましたが、チネチッタのセットを背景に佇む阿部さんのルシウスをはじめ、ローマ人を演じる日本の役者さんたちはもう、そこに暮らしている人みたいに全く違和感ありませんでした。現地のエキストラでさえ「あの人本当に日本の人なの!?古代ローマ人かと思った」って驚いていました。あと「ハンサムよねえ~」ってイタリア人女性エキストラが阿部さんにメロメロになってましたし、他の出演者もみんなイタリア女性に大人気でした。

市村正親(ハドリアヌス役)

イタリア・ローマまで来て、壮大なチネチッタのセットの下で、ローマ人の役で、皇帝の役で、目の前には本当のローマ市民がいて、最高の状態で役にとりくめて、大変興奮しました。日本人がローマの皇帝をやるなんて、舞台の上ではあっても、映画でこういう役をやるなんて初めての経験でした。

北村一輝(ケイオニウス役)

ローマでの撮影、しかも、古代ローマ人役。
名だたる監督が多くの作品を創り上げた、チネチッタスタジオでの撮影に心も弾みました。
スケールの大きさ、場所自体にも“力”を感じ、大変良い経験が出来た作品です。

宍戸開(アントニヌス役)

チネチッタのセットにいると、古代ローマにタイムスリップしたような感じがして、自分が日本人であることを忘れてしまいそうな気がして、とても演じやすかったです。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ
  • スタッフ募>集のお知らせ
  • コミックナタリー大賞