コミックナタリー

ついに打ち切りマンガ家を卒業!? 尾玉なみえが語りおろし

連載を繰り返すもそのほとんどが人気を獲得できず、自らを打ち切りマンガ家と称する尾玉なみえ。「マコちゃんのリップクリーム」4巻が2月23日に発売され、自己最長連載記録を更新した。

尾玉はデビュー後10年以上が経過しても単行本を2巻までしか刊行できない時代が続いていたが、2009年に月刊少年シリウス (講談社)で連載中の「マコちゃんのリップクリーム」3巻が発売され、ようやく新記録を達成。今回の4巻発売で、更なる記録更新にこぎつけた。

本日2月26日発売の月刊少年シリウス4月号では、尾玉自身が考案したという語りおろし企画「I AM 4巻作家」を掲載。4巻発売に至った喜びの心境を、尾玉が一方的に語っている。

また4月号では、光永康則「怪物王女」11巻の着せ替えカバーを付録。小川彌生「BAROQUE―バロック―」が第4章のフィナーレを迎えた。第5章は秋頃の開始を予定している。

コミックナタリーをフォロー