コミックナタリー

獣人バトルアニメ「キリングバイツ」来年1月放送!制作はライデンフィルム

332

村田真哉、隅田かずあさ原作によるアニメ「キリングバイツ」が、2018年1月よりテレビ放送されることが決定。あわせてティザービジュアルが公開された。

月刊ヒーローズ(ヒーローズ)にて連載中の同作は、最強の闘争本能を秘めた獣闘士・ラーテルの力を持つ少女を中心に、人の頭脳と獣の戦闘力を持った“獣人”同士の決闘を描く獣人バトルマンガ。単行本の最新8巻は10月5日に発売される。

このたび公開されたティザービジュアルには、主人公・野本裕也が出会う女子高生・ヒトミの獣化した姿が登場。なおアニメのスタッフも発表され、監督は西片康人、アニメーション制作は「アルスラーン戦記」などで知られるライデンフィルムが担当する。

また本日9月30日発売の月刊ヒーローズ11月号には、「キリングバイツ」が巻頭カラーにて掲載。村田、隅田から応援コメントも寄せられている。

テレビアニメ「キリングバイツ」

2018年1月放送スタート

原作:村田真哉・隅田かずあさ(「月刊ヒーローズ」連載)
監督:西片康人
シリーズ構成:朱白あおい(ミームミーム)
キャラクターデザイン:渡邊和夫
音楽:高梨康治
アニメーション制作:ライデンフィルム

(c)村田真哉・隅田かずあさ・HERO'S/キリングバイツ製作委員会

コミックナタリーをフォロー