獣人バトルマンガ「キリングバイツ」アニメ化!原作・村田真哉は新連載開始

178

村田真哉原作、隅田かずあさ作画「キリングバイツ」のアニメ化が決定。本日3月1日発売の月刊ヒーローズ4月号(ヒーローズ)にて発表された。

月刊ヒーローズ4月号

月刊ヒーローズ4月号

大きなサイズで見る(全3件)

「キリングバイツ」は、世界一怖いもの知らずの動物と謳われる“ラーテル”の力を持つ少女を主役に、人の頭脳と獣の戦闘力を持った“獣人”同士の決闘を描いた獣人バトルマンガ。単行本は6巻まで発売されており、最新7巻は3月4日にリリースされる。アニメ化の続報は同誌にて発表されていく予定だ。

なお月刊ヒーローズ4月号では「キリングバイツ」の村田が原作を務め、「魔弾の王と戦姫」のコミカライズを担当した柳井伸彦が作画を手がける新連載「ヒメノスピア」が開幕。学校では奴隷のように虐げられ、家では母親に暴力を振るわれる主人公・園藤姫乃が、ある日1匹の虫に刺されたことにより、自身と人類の運命が一変する。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

隅田かずあさのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 隅田かずあさ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。