コミックナタリー

「宇宙戦艦ティラミス」アニメ化決定!原作の宮川サトシ「嬉しい~!!」

841

伊藤亰が描き下ろした「宇宙戦艦ティラミス」イラスト。

伊藤亰が描き下ろした「宇宙戦艦ティラミス」イラスト。

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」「情熱大陸への執拗な情熱」の宮川サトシが原作を、伊藤亰がマンガを手がける「宇宙戦艦ティラミス」のテレビアニメ化が決定した。アニメーション制作はGONZOが担当し、2018年に放送される。

新潮社のWebマンガサイト・くらげバンチにて連載中の「宇宙戦艦ティラミス」は、宇宙戦艦ティラミスのエースパイロットであるスバル・イチノセを主人公にしたSFギャグコメディ。周りの年上パイロットたちに馴染めないせいで、スバルはいつも専用機・デュランダルのコクピットに引きこもっていた。そんなスバルがコクピット内でくだらないことに頭を抱える姿や、彼を取り囲む個性豊かな仲間たちの日常が描かれている。

アニメ化発表にあたり、伊藤による描き下ろしイラストが到着。またコメントも届き、宮川は「スバルやイスズが画面狭しと宇宙を駆け回るシーンも、串カツの衣がコックピットに散らばるシーンも、どちらも想像しただけで笑えてきます」と、伊藤は「自分の手から生まれたビジュアルが、アニメーションとして動き、声を持ち、闘う姿を見ることは、ひとつの憧れとしてずっとありました。今回、GONZOのスタッフさんのお力によって念願が叶い、とても光栄に思います」と語っている。

アニメ「宇宙戦艦ティラミス」

放送日時:2018年
原作:伊藤亰、宮川サトシ(新潮社「くらげバンチ」連載)
アニメーション制作:GONZO

宮川サトシコメント

スバルやイスズが画面狭しと宇宙を駆け回るシーンも、串カツの衣がコックピットに散らばるシーンも、どちらも想像しただけで笑えてきます。新たな「宇宙戦艦ティラミス」の魅力が、GONZOさんの手によって存分に引き出されることを期待しています。
アニメ化嬉しい~!!

伊藤亰コメント

自分の手から生まれたビジュアルが、アニメーションとして動き、声を持ち、闘う姿を見ることは、ひとつの憧れとしてずっとありました。今回、GONZOのスタッフさんのお力によって念願が叶い、とても光栄に思います。
この喜びを原稿用紙にぶつけ続けることで、さらに多くの方々に「宇宙戦艦ティラミス」を楽しんで頂けるように精進していきます。

(c)宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会 (c)宮川サトシ 伊藤亰/新潮社

コミックナタリーをフォロー