コミックナタリー

エリザベスは山田孝之!舞台挨拶に着ぐるみで登場「中の人とかいないから!」

6351

福田雄一(右)に着ぐるみの口を開けられて抵抗する山田孝之(左)。

福田雄一(右)に着ぐるみの口を開けられて抵抗する山田孝之(左)。

空知英秋原作による映画「銀魂」のキャラクター・エリザベスの声を、山田孝之が担当したことが明らかになった。

これは、本日7月14日に東京・丸の内ピカデリーにて開催された同作の初日舞台挨拶にて明かされたもの。山田はエリザベスの着ぐるみで冒頭からステージに登場し、無言のまま他のキャストらを迎えた。

トークコーナーの後半、監督の福田雄一がエリザベスの着ぐるみに向かって「今日、しゃべっていいみたいだよ?」と声をかけると、中から「あっつい。断ればよかった……」の声が。場内がざわめく中、福田がエリザベスの口を開けようとすると、山田は「中の人とかいないから!」と言いいがら手を出して抵抗した。

その様子を見いていた銀時役の小栗旬は「俺だったら絶対やらない。オファーが来ても断る。本当にすごい、偉い」と語りかける。すると着ぐるみの中の山田は「自分から言っちゃったんだよね。みんなが真夏の暑い中、着物でアクションとかやってるのを見て。僕は涼しい部屋で(アフレコが)3分で終わった。それはさすがに申し訳ないと思って、稼働したほうがいいかなって……」と話し、劇中でもエリザベスに声を当てたことを明かした。

映画「銀魂」は、本日7月14日よりロードショー。なお7月15日にはdTVにて、映画のキャストも出演するオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」が配信される。

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

コミックナタリーをフォロー