コミックナタリー

ドラマ「お迎えデス。」鈴木亮平がうさぎの着ぐるみを着た死神ナベシマ役に

1093

田中メカ原作のテレビドラマ「お迎えデス。」に登場するナベシマ役は、「HK/変態仮面」の色丞狂介役や「俺物語!!」の猛男役で知られる鈴木亮平が演じることが明らかになった。

鈴木が扮するナベシマは、ガラが悪いため、上司の命令でやむを得ずうさぎの着ぐるみを着させられている死神。チャラチャラして見えるが仕事のできる男で、福士蒼汰演じる主人公の円を無理やり仕事に引きずり込む。鈴木は「最初に、『うさぎの着ぐるみを着た死神の役』と聞いた時には、意味が分からなくて、『ん?』となりました」と戸惑ったことを告白。しかし「このドラマが終わるころには、『死神』と言えば『うさぎ』、そして『着ぐるみ』といえば『鈴木亮平』となるように、頑張っていきたいと思っています」と決意を述べた。

「お迎えです。」は1999年から2002年にかけてLaLa(白泉社)で連載された作品。主人公の円がナベシマ、ゆずこ、幸らにぎやかな面々とともに、この世に未練を残した霊を成仏させる会社「GSG(極楽送迎)」で働く姿が描かれている。ドラマは日本テレビにて4月16日より、毎週土曜21時にオンエア。

鈴木亮平コメント

最初に、「うさぎの着ぐるみを着た死神の役」と聞いた時には、意味が分からなくて、「ん?」となりました。その後、原作や脚本を読ませて頂いて、うさぎの着ぐるみを着ているのには意味があることを知って、「ああ、深い」と。「死神」っていうと怖いイメージがあると思うのですが、うさぎの着ぐるみを着ていることで、今までにない「死神像」を打ち出していければ幸いです。このドラマが終わるころには、「死神」と言えば「うさぎ」、そして「着ぐるみ」といえば「鈴木亮平」となるように、頑張っていきたいと思っています。
福士さんも土屋さんも共演させて頂いた経験があり、撮影現場は、監督も含めて非常に和気あいあいとしていて、演技をしやすい環境が整っています。現場の楽しい感じが、視聴者の皆様にも伝わればよいかなと思います。原作のエッセンスも大事にしつつ、鈴木亮平ならではのナベシマを作り上げて、素敵なドラマに出来れば良いなと思っています。

福士蒼汰コメント

鈴木さんとは、以前CMで共演させて頂いたことがあり、人柄も優しい方で、どんな演技をしても受け入れて下さる方なので、安心感を持って撮影に臨めています。これから鈴木さんと一緒に、この作品を盛り上げていけたら嬉しいです。うさぎの着ぐるみを着たナベシマは、画面に映った時のサイズ感も含めて、原作以上にインパクトが大きいと思います。とにかくいるだけで、存在感がすごいです。実際に僕の目線で見るナベシマとゆずこを視聴者の皆様に早く見てほしいです。大人で人間的な魅力のあるナベシマとコミュニケーション下手な円が交わっていくことで、円がどんどん変わっていく姿を表現できたらと思っています。

ドラマ「お迎えデス。」

キャスト

堤円:福士蒼汰
阿熊幸:土屋太鳳
ナベシマ:鈴木亮平
緒川千里:門脇麦
ゆずこ:濱田ここね
堤由美子:石野真子
堤郁夫:大杉漣

シノザキ:野間口徹
加藤孝志:森永悠希
堤さやか:大友花恋
マツモト:根岸拓哉
魔百合:比留川游
真奈美:松川星
佳織:小林璃央

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞