コミックナタリー

あさのあつこ「バッテリー」志村貴子キャラ原案でアニメ化、マンガの新装版も

7059

あさのあつこによる小説「バッテリー」がテレビアニメ化され、7月よりフジテレビのノイタミナほかにて放送開始することが決定した。同作は、柚庭千景によるコミカライズ版が月刊ASUKA(KADOKAWA)にて連載されている。

アニメの監督・脚本は望月智充、キャラクター原案は「放浪息子」の志村貴子、キャラクターデザイン・総作画監督は「ハイキュー!!」の草間英興、音楽は千住明が担当。アニメーション制作は気鋭のスタジオ・ゼロジーが手がける。また主人公の原田巧役は内山昂輝、彼とバッテリーを組むことになる永倉豪役は畠中祐とメインキャスト2名の情報も発表。2人の姿はティザービジュアルで確認でき、公式サイトで公開中のPVではキャラクターボイスも解禁された。

「バッテリー」は、ピッチャーとキャッチャーの関係にスポットを当てた野球ドラマ。孤高の天才ピッチャー・巧と、人当たりがよく包容力のあるキャッチャー・豪という正反対なふたりがバッテリーを組む様子を描く。コミカライズ版は新装版の刊行が決定しており、3月24日に1・2・3巻が同時発売される。

スタッフ&キャストコメント

原作・あさのあつこ

「バッテリー」という作品が世に出てから、はや20年が経ちました。
20年経ってなお、アニメとなったあの世界と新たに出会える。感慨深いものがあります。
最初の一冊目が出たとき、原田巧という少年が長く命を保てるように、
長く読み継がれるようにと密かに祈ったものでした。
その想いが実ったような気がします。「バッテリー」という作品は、
わたしに10代のあの闘いを忘れることを許しません。物書きの源の一つです。

監督/脚本・望月智充

何といっても人気のある原作ですので、ファンの人たちのイメージを損ねないことを第一に制作しています。
キャラクター、なかなか良いでしょう? 岡山県でロケハンをしましたが、とても楽しいものだったので、
その空気が作品に反映できればいいなと願っています。

キャラクター原案・志村貴子

バッテリーという作品が生まれて20年という節目に光栄なお話をいただきました。
何度もメディア化され愛され続ける作品なので皆さまそれぞれの思い入れやキャラクターイメージがくっきり染み込んでいるのではないでしょうか。
これは光栄であると共にこわいことだと思いました。
新しいバッテリーもどうぞよろしくお願い致します。

音楽・千住明

多くの人々に長い間愛されてきた「バッテリー」、
その青春の一コマの音楽には、皆様に共感して頂けるエスプリを探しました。
それは作品の中に自然に流れる空気の様なもの、目立ちすぎず決して派手ではないけれど、
しかし一瞬の輝きのある音楽なのです。

内山昂輝(原田巧役)

二年ぶりのノイタミナ作品ということでワクワクしております。卓球の次は野球でした。
ぼくが演じる原田巧さんは孤高の天才です。彼が豪たちと出会ってどう変わっていくのか。
ぼくもまた、魅力溢れるキャスト、スタッフの方々と仕事できるのを大変嬉しく思っています。
ご期待下さい。

畠中祐(永倉豪役)

内山さんと掛け合いをした瞬間の興奮と、自らへ不安が、
ずっとぐちゃぐちゃになって今自分の中にいます。
でも、18.44メートル先のマウンドに立つ巧と向かい合ったら、
豪はきっとボールに食らいついていく。
僕も、内山さんに、巧に、食らいついていきたい。
ちゃんと捕ってみせます。バッテリー、お楽しみに。

テレビアニメ「バッテリー」スタッフ

原作:あさのあつこ 「バッテリー」シリーズ(角川文庫刊)
監督・脚本:望月智充
キャラクター原案:志村貴子
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:草間英興
音楽:千住明
アニメーション制作:ゼロジー
協力:岡山県高梁市

キャスト

原田巧:内山昂輝
永倉豪:畠中祐

(c)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞