コミックナタリー

映画「僕だけがいない街」雛月役の子役・鈴木梨央が追い込まれるメイキング公開

342

三部けい原作による実写映画「僕だけがいない街」が3月19日に全国ロードショー。その新たなメイキング映像が本日3月3日に解禁された。

公開されたのは、雛月加代役を演じる鈴木梨央にスポットを当てた映像。メイキングでは「そんなもん?雛月そんなもん?大丈夫?鈴木梨央次第だよ」と平川雄一朗監督が指導をする様子と、厳しい言葉にも「追い込まれるとスッキリした気分になるんです。落ち込むこともあるけどうれしいです。追い込まれるほうが大好きです」とやる気を出す鈴木の姿が映された。また映像の中では、雛月の口癖である「バカなの?」の演技も披露されている。

「僕だけがいない街」は、時間が巻き戻る不思議な現象“再上映(リバイバル)”に悩まされる青年・藤沼悟が時空移動を繰り返し、とある事件の真相に迫っていく姿を描いたサスペンス。テレビアニメがフジテレビのノイタミナ枠ほかで放送されており、原作マンガは明日3月4日発売のヤングエース4月号(KADOKAWA)にて最終回を迎える。

映画「僕だけがいない街」

原作:「僕だけがいない街」三部けい(KADOKAWA/角川コミックス・エース)
監督:平川雄一朗
脚本:後藤法子
プロデューサー:春名慶
キャスト:藤原竜也、有村架純、及川光博、杉本哲太、石田ゆり子ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

(c)2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞