コミックナタリー

弱者泣かせの“シノギ”を潰す、最強の喧嘩師を描いた「シノギゴロシ」1巻

122

山田一文原作によるいわや晃「シノギゴロシ~闇稼業仕置人~」の1巻が、本日2月19日に発売された。

同作の物語は、普通の女子高生である京アスカが「シノギゴロシ」を名乗る謎の男・矢野統爾を目撃することから始まる。矢野は飲食店で起きたトラブルをそのオーラのみで解決してしまった。またある日アスカはクラブに出かけるが、店からみかじめ料を取ろうとするヤクザに遭遇する。そこに現れたのはまたしても矢野。彼は弱者を泣かせるシノギを潰すために戦う最強の喧嘩師だった。

原作の山田は「闇社会ジャーナリスト」を名乗り、バラエティ番組などでもヤクザ社会の事情などを紹介している。その山田による、「現代のヤクザはどうやってお金を儲けているのか」がよくわかる描写に注目だ。作画のいわやはイラストレーターとしても活躍中で、本作が初の連載となる。「シノギゴロシ~闇稼業仕置人~」は月刊チャンピオンRED(秋田書店)で連載中。本日発売の同誌では巻頭を飾っている。また秋田書店のサイトでは、1話の試し読みを公開中。

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】