コミックナタリー

アニメ「3月のライオン」は新房昭之×シャフト!今秋からNHKでオンエア

7480

羽海野チカ原作によるTVアニメ「3月のライオン」の続報が発表された。監督は新房昭之、アニメーション制作はシャフトと、「さよなら絶望先生」「魔法少女まどか☆マギカ」などを送り出してきた布陣が担当する。

放送は今秋からNHK総合テレビにてスタート。1月8日発売のヤングアニマル2号(白泉社)に羽海野は、「新房監督の作品が大好きで大好きで『新房監督でシャフトさんで!』 この夢が叶えられないのならアニメ化は出来無くてもいい……。そう思っていました。とても幸せです!」と喜びに満ちたコメントを寄せている。

「3月のライオン」の主人公は、東京の下町に1人で暮らす17歳の将棋のプロ棋士・桐山零。深い孤独を抱える彼が、あかり・ひなた・モモの川本3姉妹と過ごす時間や、さまざまな棋士との対戦を経て、失ったものを少しずつ取り戻していく様が描かれている。同作はこれまでマンガ大賞2011、第35回講談社漫画賞一般部門、第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞など数々の賞を受賞してきた。実写映画化も決定している。

羽海野チカ コメント

化物語・まどか☆マギカ・荒川アンダー ザ ブリッジ・絶望先生
新房監督の作品が大好きで大好きで「新房監督でシャフトさんで!」
この夢が叶えられないのならアニメ化は出来無くてもいい……。
そう思っていました。とても幸せです!
精一杯の応援とお手伝いをさせていただきたい所存であります!

※記事初出時より、見出しと本文の表記を一部変更しました。

(c)羽海野チカ/白泉社

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】