コミックナタリー

TVドラマ「エンジェル・ハート」冴羽リョウ役は上川隆也に決定

6612

北条司「エンジェル・ハート」を原作とした連続TVドラマにて、冴羽リョウ(リョウの漢字はけものへんに「僚」のつくり)役を上川隆也が演じることが決定した。

上川はリョウについて「男女問わず好かれていますし、また理想の男性像という方も多いのではないでしょうか」とコメント。キャラクターの奥深さと魅力にプレッシャーを感じつつも、入念に役作りをしていることを明かした。また原作者の北条も「誰が演じてもマンガそのままにはならないでしょう」「『上川さんが演じるとどういうリョウになるか』今から楽しみにしています」と期待を寄せている。

「エンジェル・ハート」は、北条が代表作「シティーハンター」のキャラクターや設定をもとに、パラレルワールドで生きる冴羽リョウたちの活躍を描く“IFストーリー”。ドラマは、日本テレビ系にて10月より放送開始される。

上川隆也コメント

これに先立って原作の北条司先生と話させていただいたときに、北条先生に「漫画は漫画、実写は実写。上川さんの“冴羽リョウ”を作ってください」という、大きく背中を押して貰えたような、とても心強いお言葉を頂きました。このお言葉を胸に、「ドラマとしてのエンジェル・ハート 冴羽リョウ」を演じたいと思います。

原作にはこれまでも親しんで来ましたし、「エンジェル・ハート」で描かれている歳を重ねた冴羽リョウへの共感は少なくありません。そんな想いを原動力に演じていければと思っています。

冴羽リョウは、とにかく人気のあるキャラクターで、男女問わず好かれていますし、また理想の男性像という方も多いのではないでしょうか。恐れ多い気持ちは、いまだに拭いきれませんが、やるからには、やれるだけのことをやろうと思っています。

演じていく手がかりとなるものは、今は原作しかありません。ですが、スタッフの皆さんや共演者の方々から色々な刺激を受け取りながら演じていくのも、大切だと思っています。そんな風に原作と現場の雰囲気の双方を大事にしながら演じていけたらと考えています。今は、冴羽リョウのイメージになるべく近づけるよう、およそ2日に1回の頻度で、トレーナーさんと相談しながらトレーニングを続けています。

今回の写真撮影(資料1枚目の写真)は、メイクさんや衣装さんなど、スタッフさんのお力を改めて感じた一幕でした。「こうやって一歩一歩イメージに歩み寄っていこう」と、最初の希望の光を見せてもらえた思いです。皆様の力をおかりしつつ、また自分も力を尽くして、冴羽リョウを含めた「エンジェル・ハート」という作品を作っていこうと思えました。

作品を見て下さった方から「まさにドラマ版『エンジェル・ハート』だね」といって頂けるようなドラマにしていきたいです。

北条司コメント

ドラマ化が発表された後で
「誰がやってもリョウにならないのではないですか?」
とファンには聞かれたのですが、
もちろん、それぞれがイメージするリョウがあるから、
誰が演じてもマンガそのままにはならないでしょう。
そして今回、
とても素敵な役者さんだと以前から思っていた、
上川隆也さんに演じて頂けると聞いて、嬉しく思いました。
ドラマの内容自体がどのようになるか
まだ未知数な部分が多いですが、
「上川さんが演じるとどういうリョウになるか」
今から楽しみにしています。

TVドラマ「エンジェル・ハート」

放送:日本テレビ系連続ドラマ 10月スタート 
原作:北条司
脚本:高橋悠也
演出:狩山俊輔
プロデューサー:次屋尚
チーフプロデューサー:伊藤響
製作著作:日本テレビ放送網株式会社

コミックナタリーをフォロー