コミックナタリー

アオイホノオ会見で監督「許可は全部降りた」

585

島本和彦原作によるTVドラマ「アオイホノオ」の完成披露試写会が本日7月16日に都内で行われ、柳楽優弥ら5名のキャストと福田雄一監督が記者会見に登場した。

福田監督は「自分の作品については“くだらないから観なくていいよ”っていうのが口癖なんですが、『アオイホノオ』だけは自分から観てほしいと言ってます」と作品の出来に自信を見せる。岡田斗司夫本人からも「神です」と感想をもらったといい、「出来がいいとしか思えない」と笑いながら自画自賛することしきり。

また主人公の焔モユル役を務めた柳楽は「長い台詞がすごく多くて、覚えるのが本当に大変だった」と撮影時の苦労を回想。覚えきれず進退窮まった際には、監督に「この長い台詞、すらすら言わなきゃいけないですか?」と泣きついてしまったと話し、「その日は本当にブルーでした」と述懐していた。

島本たっての希望でヒロインの森永とんこを演じることとなった山本美月からは、「島本先生のお願いで、毎日『今日のとんこ』という写真を送っていた」という仰天の裏話も。福田監督は「美月ちゃんにポーズをせがんだりして、目も当てられなかったです」と、師と仰ぐ島本の公私混同ぶりを暴露し、場内の笑いを誘う。

また実在の作品や人物への、過激な物言いが魅力でもある本作。監督は「あれやこれやの許可は、全部降りております!」と宣言し、「ドラマにはあの映像もあの人の名前も、余すところなく登場します。楽しみにしてください」と期待を煽って締めくくった。ドラマは7月18日の深夜より、毎週金曜日にテレビ東京ほかにて放映される。

コミックナタリーをフォロー