コミックナタリー

黒バス特集で作者が語る胸の内、冨樫義博らのエールも掲載

240

本日10月4日に発売されたダ・ヴィンチ11月号(メディアファクトリー)では「黒子のバスケ」の特集が組まれ、作者・藤巻忠俊のロングインタビューが掲載されている。

インタビューでは主に、「黒子のバスケ」誕生の経緯と、「ジャンプマンガ」に対する理想や信念が、6ページにわたり語られた。またバスケマンガを描く上で井上雄彦「SLAM DUNK」の存在がいかに大きいかを解説し、同作から受けた影響と差別化への意識を明かしている。

特集ではこのほか「HUNTER×HUNTER」の冨樫義博をはじめ、各界のファンや関係者から届いたメッセージを公開。吉木りさやヒャダイン、アニメで黒子役を務める小野賢章など、幅広い著名人が参加している。さらに主要キャラクターや超人技、ストーリーのダイジェストをまとめた解説記事も充実しており、未読の人はここで基礎知識を得るのも良さそうだ。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞