ケリー・オサリヴァンが「セイント・フランシス」を紹介「人と語り合いたくなる映画」

1

34

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 4 7
  • 23 シェア

セイント・フランシス」より、主演を務めたケリー・オサリヴァンのメッセージと本編映像で構成された動画がYouTubeで公開された。

「セイント・フランシス」

「セイント・フランシス」

大きなサイズで見る(全10件)

「セイント・フランシス」ポスタービジュアル

「セイント・フランシス」ポスタービジュアル[拡大]

生理、避妊、中絶といった女性にのしかかるさまざまな負担や精神的プレッシャー、セクシャルマイノリティの人々が直面する社会的な差別をユーモアを交えて描いた本作。34歳のブリジットが一時的に親に代わって子守をする“ナニー”の仕事に就いた先で、6歳の少女フランシスと出会い、変化していくさまが描かれる。脚本を手がけたオサリヴァンがブリジット、ラモーナ・エディス・ウィリアムズがフランシスを演じた。

オサリヴァンは映像の中で「面白くて温かく、人と語り合いたくなる映画です」「恋人同士やお母さんとだって楽しんでもらえるはず。笑いがあるし、ときには涙も出るかもしれません」と本作を紹介している。また本編映像にはギター教室からの帰り道、ブリジットとフランシスがロックスターのジョーン・ジェットについて語る様子を収録。その後、距離を縮めた2人がジェットを真似た派手なメイクでふざけ合う姿が切り取られていく。

アレックス・トンプソンが監督を務めた「セイント・フランシス」は8月19日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネクイントほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全10件)

(c)2019 SAINT FRANCES LLC ALL RIGHTS RESERVED

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

ケリー・オサリヴァンが「セイント・フランシス」を紹介「人と語り合いたくなる映画」(動画あり)
https://t.co/745qsPXmoV

#セイント・フランシス #ケリー・オサリヴァン https://t.co/UQ52BqYiUb

コメントを読む(1件)

ケリー・オサリヴァンの映画作品

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 セイント・フランシス / ケリー・オサリヴァン / ラモーナ・エディス・ウィリアムズ / アレックス・トンプソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。