調布シネマフェスティバルで「魔女の宅急便」「花束みたいな恋をした」など上映

411

映画祭「映画のまち調布シネマフェスティバル2022」が、東京・調布で2月11日から3月6日に開催される。

「魔女の宅急便」ビジュアル (c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

「魔女の宅急便」ビジュアル (c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

大きなサイズで見る(全9件)

イオンシネマ シアタス調布では2月26日から3月6日にかけて宮崎駿の監督作「魔女の宅急便」を上映。スタジオジブリが制作当時の35mmフィルム初号試写に限りなく近付けて作成したDCPでの上映となる。これを記念し、全長約70mmの「ジジ アクリル製マスコット」が合計100名に当たるTwitterキャンペーンも実施。第1回の開催期間は本日12月2日から17日いっぱいまでとなり、映画祭のTwitterアカウントをフォローしてキャンペーンツイートをRTすると応募できる。キャンペーンは合計3回となり、第2回と第3回の実施期間は映画祭の公式サイトおよびTwitterアカウントで告知される。

「花束みたいな恋をした」 (c)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

「花束みたいな恋をした」 (c)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会[拡大]

「天外者」 (c)2020 「五代友厚」製作委員会

「天外者」 (c)2020 「五代友厚」製作委員会[拡大]

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable[拡大]

また映画祭では、開催に先立ち募集した人気投票における上位作品から7本を上映。第1位の「花束みたいな恋をした」、第2位の「天外者」、第3位の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」、第5位の「浅田家!」、第7位の「東京リベンジャーズ」、第13位の「ヤクザと家族 The Family」、第14位の「るろうに剣心 最終章 The Beginning」が、調布市文化会館たづくり くすのきホールでスクリーンにかけられる。一部の作品では上映前後に、監督やスタッフのトークショーが行われる予定だ。

上映スケジュールやチケット販売日時、料金等は映画祭の公式サイトで確認を。

映画のまち調布シネマフェスティバル2022

2022年2月11日(金・祝)~3月6日(日)東京都 調布市文化会館たづくり、イオンシネマ シアタス調布

この記事の画像(全9件)

関連する特集・インタビュー

宮崎駿のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 魔女の宅急便(1989年) / 花束みたいな恋をした / 天外者 / 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 / 浅田家! / 東京リベンジャーズ / ヤクザと家族 The Family / るろうに剣心 最終章 The Beginning / 宮崎駿 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。