「映画 すみっコぐらし」V6井ノ原快彦に推されたとかげ、喜びに打ち震える

6418

映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」の「公開直前!舞台挨拶付きおひろめ試写会」が本日10月22日に東京・東劇で開催され、ナレーションを担当した井ノ原快彦本上まなみ、監督の大森貴弘が登壇した。

「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」公開直前!舞台挨拶付きおひろめ試写会の様子。

「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」公開直前!舞台挨拶付きおひろめ試写会の様子。

大きなサイズで見る(全21件)

会場に現れたとかげ。

会場に現れたとかげ。[拡大]

慎重にステージへと歩を進めるしろくま。

慎重にステージへと歩を進めるしろくま。[拡大]

本作では5年に1度訪れる青い大満月の夜、すみっコたちが暮らす町に魔法使いのきょうだいが舞い降りる。夢を叶えてくれる魔法使いたちは月へ帰り楽しい夜は終わるが、たぴおかが魔法使いのすえっコ“ふぁいぶ”と間違えて連れて行かれてしまう。舞台挨拶にはとかげ、しろくまも参加した。

井ノ原快彦

井ノ原快彦[拡大]

本上まなみ

本上まなみ[拡大]

ナレーターの2人は前作からの続投となる。第2弾製作の話をずいぶん前に聞いていたという井ノ原は「あっ、違う人なのかな……と思っていたのですが、けっこうあとになってからお話が来てほっとした」と率直な心境を明かし、「本上さんの声を聴けただけでも癒やされちゃって」と再共演を喜ぶ。その言葉に本上は「井ノ原さんはあったかい声」と返し、「私は1作目で、容赦なくストーリーを進める女と言われていたんです。今回は“容赦ない感”がちょっと薄まっているかな」と笑った。「映画 すみっコぐらし」シリーズの監督を初めて務める大森は「すみっコのお兄さんお姉さんみたいな立ち位置が素敵だった」と2人に言及する。

今日は風呂敷を忘れてしまったというしろくま。

今日は風呂敷を忘れてしまったというしろくま。[拡大]

すみっコたちの話題に反応するとかげ。

すみっコたちの話題に反応するとかげ。[拡大]

本上まなみ(手前左)と井ノ原快彦(手前右)になで回されるとかげ。

本上まなみ(手前左)と井ノ原快彦(手前右)になで回されるとかげ。[拡大]

ステージに残されたしろくま(左)、とかげ(右)。

ステージに残されたしろくま(左)、とかげ(右)。[拡大]

イベントでは、それぞれが“推し”のキャラクターについて語る場面も。本上は「自分に一番近いのはしろくま。心の支えになっている風呂敷との関係性がいいな」と述べ、ともに登壇していたしろくまは深々と頭を下げる。井ノ原は食べ物としてのエビフライのしっぽが好きなことから、えびふらいのしっぽへの思い入れがあったそうだが「今回の作品を観るととかげに浮気しちゃうかも」とぽつり。選ばれたとかげは喜びに打ち震えていた。なお井ノ原は、ふぁいぶの名を挙げて「僕も同じ数字の(V)6としてがんばっているので」と親近感を抱くと明かした。

「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」は11月5日より全国ロードショー。

この記事の画像(全21件)

関連記事

井ノ原快彦のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ / 井ノ原快彦 / V6 / 本上まなみ / 大森貴弘 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。