天国は待ってくれる(2007年)

テンゴクハマッテクレル

2007年2月10日(土)公開 / 上映時間:105分 / 製作:2007年(日本) / 配給:ギャガ=松竹

(C)2007「天国は待ってくれる」associates

解説 TVドラマ『ちゅらさん』など多くのヒット作の脚本を手がける岡田惠和が初めて書き下ろした小説を元に、男ふたり女ひとりの幼なじみ3人の絆を描いた感動作。主演を務めるV6の井ノ原快彦がハマリ役となる心優しき青年を好演、幼なじみ役に映画初出演となる清木場俊介、『地下鉄に乗って』の演技も記憶に新しい岡本綾が扮する。井ノ原、清木場がそれぞれ歌うW主題歌も必聴!

ストーリー 東京の築地で育った宏樹、武志、薫は、小学生の頃からいつもどこへ行くのも一緒。そんな3人は生涯変わらない関係を“聖なる三角形“と名づける。やがて大人になった彼らはそれぞれ就職、3人の関係にも微妙に変化が生じていくが……。

情報提供:ぴあ