オリヴィエ・アサイヤス、「HHH:侯孝賢」デジタルリマスター版に心ときめく

68

ドキュメンタリー「HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版」の初日舞台挨拶が、本日9月25日に東京・K's cinemaで行われた。

「HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版」より、オリヴィエ・アサイヤス。

「HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版」より、オリヴィエ・アサイヤス。

大きなサイズで見る(全12件)

本作は、1997年に製作されたフランスのテレビシリーズ「われらの時代の映画」の1編をもとにしたもの。台湾ニューシネマをフランスに紹介してきたオリヴィエ・アサイヤスが台湾を訪れ、当時「フラワーズ・オブ・シャンハイ」の脚本を執筆中だったホウ・シャオシェンに取材した。

イベントの冒頭ではアサイヤスの動画メッセージが上映された。アサイヤスは「1人のアーティスト、作品全体を捉えるポートレートを目指した。当時、このアプローチでホウ・シャオシェンを撮れるのは台湾にも、世界中どこにも私以外いない」と本作への思いを説明し、「本作にもあるようにともにカラオケを歌ったり、友人として楽しい時間を過ごした」とホウ・シャオシェンと過ごした時間を振り返る。そして「一新した自作の発見に心がときめき、修復は非常に有意義だった」とデジタルリマスター版の出来に言及した。

宇田川幸洋

宇田川幸洋[拡大]

そして舞台挨拶に登壇した映画評論家の宇田川幸洋は「今観ても色あせない作品で、何よりもホウ・シャオシェン監督のお茶目な人柄がよく伝わってきた」とコメントする。さらに宇田川は、ホウ・シャオシェンの魅力を“小動物のようなかわいらしさ”と表現し、「一緒に食事に行ったら枝豆の食べ方がわからず、キョトンとして固まっていた」と懐かしんだ。

「HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版」は全国順次公開。

この記事の画像・動画(全12件)

オリヴィエ・アサイヤスのほかの記事

リンク

関連商品

(c)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版 / オリヴィエ・アサイヤス / ホウ・シャオシェン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。