クリント・イーストウッドの最新作公開、元ロデオスターと不良少年による交流描く

267

クリント・イーストウッドが監督・主演・製作を担った最新作「Cry Macho」が「クライ・マッチョ」という邦題で、2022年1月14日に公開される。

「クライ・マッチョ」

「クライ・マッチョ」

大きなサイズで見る(全2件)

N・リチャード・ナッシュの小説をもとにした本作の主人公は、かつて一世を風靡するも、落馬事故をきっかけに栄光を失ったロデオ界の元スター、マイク・ミロ。劇中では、競走馬の種付けをし細々と1人で暮らしていた彼が、元雇用人からメキシコにいる彼の息子ラフォの誘拐を依頼され、テキサスとメキシコ間を旅するさまが描かれる。マイクをイーストウッド、親の愛を知らない不良少年ラフォをエドゥアルド・ミネットが演じた。キャストにはナタリア・トラヴェンドワイト・ヨアカムフェルナンダ・ウレホラも名を連ねる。

本作の企画が最初に上がったのは40年前。映画製作者のアルバート・S・ルディがイーストウッドに話を持ち掛けるも、イーストウッドが自身はマイク役に時期尚早だと判断したことで頓挫した。しかし2019年にイーストウッドがルディに連絡を取り、映画化へと動き出している。脚本を練り直し執筆したのは「グラン・トリノ」「運び屋」も手がけたニック・シェンク。編集は「グラン・トリノ」「アメリカン・スナイパー」のジョエル・コックスが担当した。

YouTubeで公開された予告編には、マイクが生意気なラフォと出会い、道中で交流を深めていく姿を収録。さらにマイクの「昔の俺はすごかった。だが今は違う」というセリフを聞くことができる。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

クリント・イーストウッドのほかの記事

リンク

関連商品

(c) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 クライ・マッチョ / クリント・イーストウッド / エドゥアルド・ミネット / ナタリア・トラヴェン / ドワイト・ヨアカム / フェルナンダ・ウレホラ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。