精子バンク題材の堤幸彦監督作「truth ~姦しき弔いの果て~」2022年1月に公開

1

132

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 25 46
  • 61 シェア

堤幸彦の監督50作目となる映画「truth ~姦しき弔いの果て~」が2022年1月7日に公開決定。ティザーポスターが到着した。

「truth ~姦しき弔いの果て~」

「truth ~姦しき弔いの果て~」

大きなサイズで見る(全8件)

「truth ~姦しき弔いの果て~」ティザーポスター

「truth ~姦しき弔いの果て~」ティザーポスター[拡大]

「明日の記憶」「2LDK」の三浦有為子が脚本を手がける本作。ある男の葬儀後にアトリエで出くわした女性3人が、その男に3股をかけられていたと知ったことから展開する、“精子バンク”が題材の会話劇となっている。広山詞葉福宮あやの河野知美がプロデューサーとキャストを兼任。佐藤二朗が“忖度出演”する。なお本作はローマ・インターナショナル・ムービーアワードの最優秀作品賞を受賞した。

50作目にして原点回帰とも言える自主映画を監督した堤は「コロナ禍、いくつも諦めた作品があり意気消沈していたところ、勇気と元気をくれたのは、作品を創り出すことに強い意志を持っている役者やスタッフ達でした。私の50本目の映画がその力を出発点に、『自主的に、制約から自由に』生まれたことはポストコロナの作品作りの大きな礎になるでしょう」とコメントしている。

「truth ~姦しき弔いの果て~」は東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開予定。

堤幸彦 コメント

コロナ禍、いくつも諦めた作品があり意気消沈していたところ、勇気と元気をくれたのは、作品を創り出すことに強い意志を持っている役者やスタッフ達でした。私の50本目の映画がその力を出発点に、「自主的に、制約から自由に」生まれたことはポストコロナの作品作りの大きな礎になるでしょう。
そしてローマを始め世界の皆さんに評価いただいたことは、そんな仲間と分かち合う何よりの勲章です。
ぜひ日本公開でお会いしましょう!

この記事の画像・動画(全8件)

(c)2021 映画「truth~姦しき弔いの果て~」パートナーズ

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

精子バンク題材の堤幸彦監督作「truth ~姦しき弔いの果て~」2022年1月に公開(コメントあり)
https://t.co/S9TkBZ9rZx https://t.co/d6ZYLZP3Zn

コメントを読む(1件)

関連記事

堤幸彦のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 truth ~姦しき弔いの果て~ / 堤幸彦 / 広山詞葉 / 福宮あやの / 河野知美 / 佐藤二朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。