宮沢氷魚が小松菜奈の恋人に、吉本ばなな原作「ムーンライト・シャドウ」初映像

1

2788

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 377 2405
  • 6 シェア

小松菜奈が主演を務める「ムーンライト・シャドウ」に宮沢氷魚が出演することが明らかに。あわせて特報映像とティザービジュアル、場面写真が到着した。

「ムーンライト・シャドウ」ティザービジュアル

「ムーンライト・シャドウ」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

「ムーンライト・シャドウ」

「ムーンライト・シャドウ」[拡大]

吉本ばななの初期作「キッチン」に収録されている短編小説を、「アケラット ーロヒンギャの祈り」のエドモンド・ヨウが映画化した本作。恋人の死を受け入れることができない主人公・さつきの物語が描かれる。

「ムーンライト・シャドウ」

「ムーンライト・シャドウ」[拡大]

宮沢が演じるのは、小松扮するさつきの恋人・等。すべてを包み込むような優しさを持つ一方、はかなさを漂わせる彼は突然帰らぬ人になってしまう。宮沢は「自分自身と等に近しいものがあるように感じ、物語が自分の中にスーッと浸透していく気持ち良さがありました」と脚本を読んだときのことを振り返り、「等として一生懸命生きるという考え方で撮影に臨みました」と語った。

「ムーンライト・シャドウ」

「ムーンライト・シャドウ」[拡大]

また特報には、さつきと等をつなぐキーアイテムである鈴の音や、2人の何気ない日常、別れの予感を感じさせる場面などを収録。ティザービジュアルには、陽の光の中で穏やかな表情を浮かべるさつきの姿とともに、「この恋に名前をつけて、そっと胸にしまってある。」とコピーが添えられた。

「ムーンライト・シャドウ」は9月に全国で公開。

宮沢氷魚 コメント

最初に台本をいただいて読んだ時に、自分自身と等に近しいものがあるように感じ、物語が自分の中にスーッと浸透していく気持ち良さがありました。等の苦悩や悩みもすごく共感できましたが、等に訪れる死というものは忘れて、一つ一つのシーンや瞬間を、等として一生懸命生きるという考え方で撮影に臨みました。
エドモンド監督は、ずっと笑顔でとにかく役者のことを第一に考え、すごく演じやすくチャレンジしやすい環境を準備してくれたので本当に感謝しています。そういった環境で自由にやらせていただいたからこそ、「こうしたら面白いんじゃないか」というひらめきもあった現場でした。
主人公のさつきは、個性的で自分の意志をしっかりと持っている女性なので、演じるのは独特の空気感を放つ小松さんしかいないと思いました。「ムーンライト・シャドウ」という作品を背負って主人公のさつきになった小松さんがしっかりと先頭にいたので、現場のチーム力も高まっていき、小松さんにもすごく感謝しています。
「ムーンライト・シャドウ」は、いろいろ考える、思うきっかけを与えてくれる、本当に素晴らしい作品になっていると思います。この作品が皆さんのもとへ届くことを楽しみにしていますし、皆さんが少しでも笑顔になってくれることを願って僕たちもがんばりました。吉本ばななさんの原作のように、日本だけでなく世界から愛される作品になったらいいなと思います。
ぜひ楽しみにしていてください。

この記事の画像・動画(全8件)

(c)2021映画『ムーンライト・シャドウ』製作委員会

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

宮沢氷魚が小松菜奈の恋人に、吉本ばなな原作「ムーンライト・シャドウ」初映像(コメントあり)
https://t.co/Pcuxn7GK9Y

#吉本ばなな #小松菜奈 #宮沢氷魚 #エドモンド・ヨウ #ムーンライト・シャドウ https://t.co/GPLv0SDBqt

コメントを読む(1件)

関連記事

宮沢氷魚のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ムーンライト・シャドウ / 宮沢氷魚 / 小松菜奈 / エドモンド・ヨウ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。