大好きで大嫌いで私のすべてだったあなたに、女性2人の友情描く「七月と安生」予告

1

159

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 49 109
  • 1 シェア

ソウルメイト/七月と安生(チーユエとアンシェン)」の予告編がYouTubeで公開。ポスタービジュアルと新たな場面写真も到着した。

「ソウルメイト/七月と安生」ポスタービジュアル

「ソウルメイト/七月と安生」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全10件)

エリック・ツァンの息子であるデレク・ツァンが監督を務めた本作は、女性2人の半生を描く物語。ある日、安生(アンシェン)のもとに映画会社から幼なじみ2人の友情を描いた人気ネット小説「七月と安生」を映像化したいという連絡が届く。作者は七月(チーユエ)という名の女性。自伝的な要素が強い小説であるため、もう1人の主人公のモデルとなった安生に連絡をしてきたのだ。しかし安生は「七月なんて人は知らない」と嘘をつく。「ラヴソング」のピーター・チャンがプロデュースを担当。第53回金馬奨では安生役のチョウ・ドンユイと七月役のマー・スーチュンが主演女優賞に輝いた。

「ソウルメイト/七月と安生」新場面写真

「ソウルメイト/七月と安生」新場面写真[拡大]

「ソウルメイト/七月と安生」新場面写真

「ソウルメイト/七月と安生」新場面写真[拡大]

映像には幼なじみの七月と安生が、大人になるにつれ、すれ違っていく様子を収録。またポスタービジュアルには「大好きで、大嫌いで、私の全てだったあなたに。」というコピーが添えられた。

「ソウルメイト/七月と安生」は、6月25日より東京・新宿武蔵野館ほかで順次公開される。なお同じくデレク・ツァンが監督し、チョウ・ドンユイが出演した「少年の君」は7月16日に公開。

この記事の画像・動画(全10件)

(c)2016 JOYCORE Pictures(Shanghai) CO.,LTD. , J.Q. Pictures Limited,Alibaba Pictures Group Limited,We Pictures Ltd. ALL Rights reserved.

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

大好きで大嫌いで私のすべてだったあなたに、女性2人の友情描く「七月と安生」予告
https://t.co/snA4XsUUZe

#七月と安生 #チョウ・ドンユイ #マー・スーチュン #デレク・ツァン https://t.co/JZEr5rsFiz

コメントを読む(1件)

関連記事

チョウ・ドンユイのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ソウルメイト/七月と安生 / チョウ・ドンユイ / マー・スーチュン / デレク・ツァン / ピーター・チャン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。