飯島寛騎、「悪魔とラブソング」での役作り語る「声に出せない難しさを痛感」

525

Huluオリジナルドラマ「悪魔とラブソング」より、飯島寛騎のインタビューコメントが到着した。

「悪魔とラブソング」新場面写真

「悪魔とラブソング」新場面写真

大きなサイズで見る(全21件)

「悪魔とラブソング」

「悪魔とラブソング」[拡大]

常に本音を話してしまうが故に“悪魔”と呼ばれる可愛マリアが、同級生たちとの絆を育んでいくさまを描く本作。浅川梨奈が美しい歌声と容姿を持つマリアに扮した。

「悪魔とラブソング」新場面写真

「悪魔とラブソング」新場面写真[拡大]

ピアノにコンプレックスを抱く“巻き込まれ男子”の目黒伸を演じた飯島は「目黒は一見クールな性格をしているので、表情だけの芝居も多く、声に出せない難しさを痛感して。表現の大変さを知れました」と述懐。「ピアノは一切やったことがなかったので、この作品に入る2カ月前から、撮影期間を合わせるとトータル4カ月ほど、毎日向き合っていました。クラシックピアノは、強弱やテンポなど、感情の入れ方で音が全く違うので、不思議で、追求しきれないものだと感じて。練習は大変でしたが、楽しんでできたので良かったです」と振り返る。

「悪魔とラブソング」

「悪魔とラブソング」[拡大]

またマリア役の浅川について飯島は「歌声が本当に素晴らしくて。苦手とおっしゃっていましたが、1人だけ別格でマリアのようにみんなを引っ張ってくれていました」と述べ、「伴奏をしているからこそ気付いた部分でもありますが、僕もみんなもはじめはリズムがぶれることがありますが、浅川さんはぶれないんです。弾いていてすごくやりやすかったですし、マリアと目黒の関係性で音楽を楽しく作ることができたと思います」と語った。なお現在YouTubeでは目黒のキャラクター映像が公開中だ。

桃森ミヨシの同名マンガをドラマ化した全8話の「悪魔とラブソング」は、6月19日に一挙配信。吉田恵里香、おかざきさとこ、蛭田直美が脚本を手がけ、横尾初喜が監督を務めた。

Huluオリジナル「悪魔とラブソング」

Hulu 2021年6月19日(土)独占配信開始
※全8話一挙配信

飯島寛騎 コメント

撮影中に苦労したこと

ほぼ毎日撮影があり、ピアノの技量を上げるなどやることが多かったので大変でしたが、居心地の良い楽しい現場で。リアルな高校生の日常を体験でき、濃い時間が過ごせました。撮影は本当にあっという間でしたね。

目黒伸を演じるうえで意識したこと

目黒は一見クールな性格をしているので、表情だけの芝居も多く、声に出せない難しさを痛感して。表現の大変さを知れましたが、その分、面白さもありました。
ストーリーが進むにつれて、マリアに影響されて目黒自身の表情や喋る時のトーンが変化していきます。マリアに対する想いがどんな想いなのか、自分でもよく分からず消化しきれていない姿は、脚本や原作を大事にしながら演じようと思っていましたが、自然とそうなれて。
それは、共演者の皆さんが作ってくれた空気も大きかったと思います。

歌やピアノ、合唱など、音楽シーンで印象に残っていること

ピアノは一切やったことがなかったので、この作品に入る2カ月前から、撮影期間を合わせるとトータル4カ月ほど、毎日向き合っていました。クラシックピアノは、強弱やテンポなど、感情の入れ方で音が全く違うので、不思議で、追求しきれないものだと感じて。
練習は大変でしたが、楽しんでできたので良かったです。

自身のピアノとクラスメイトを演じるキャストの歌を合わせたときの心境

1つの作品を作るのと同じように、1つの歌を作ることもすごく細かくて、こだわったらこだわりきれないほど難しいものだと思いましたね。練習でやる気のない人もいるけど、結果的に本番はみんな一致団結してやる感じが妙にリアルで。生徒の皆さんの想いが伝わってきて、伴奏を弾いていても心地が良かったです。
また、マリア役の浅川梨奈さんの歌声が本当に素晴らしくて。苦手とおっしゃっていましたが、1人だけ別格でマリアのようにみんなを引っ張ってくれていました。伴奏をしているからこそ気付いた部分でもありますが、僕もみんなもはじめはリズムがぶれることがありますが、浅川さんはぶれないんです。弾いていてすごくやりやすかったですし、マリアと目黒の関係性で音楽を楽しく作ることができたと思います。

心に刺さったセリフ

「ありがとう」って、簡単だけど難しい言葉だと思っていて。素直に伝える恥ずかしさもあるじゃないですか? だけど、マリアは何事も正直に言う子だから嘘がなく、すっと入ってくるんです。また、マリアが「アメイジング・グレイス」の意味を説明する時は説明セリフですが、すごくいいセリフで心に残っているので、注目してみてください。
目黒はいろいろなことに目を背けがちでしたが、マリアの的確な言葉で心が動いていきます。翻弄されつつも、結果的に彼女の可愛い部分を知って惹かれていく。目黒にとって、マリアの言葉はすべての始まりだったと思います。

撮影を通して成長したと感じる部分

音で自分を創造していくことはこれまでしたことがなかったので、クラシックの面白さはすごく勉強になりました。いろんな表現の仕方があるんだなと。お芝居ももちろんそうですけど、音の世界での表現は喋らないからこそ難しい。強弱やテンポで、言葉じゃないけど言葉が変わるっていうのは、やっていて大変でしたが、面白かったです。
あと、今回の現場では、僕は年齢が上のほうで。年下の方たちの新鮮な表情やパワーを感じ、改めて初心に返れました。

視聴者へのメッセージ

青春群像劇で合唱コンクールに向かっていくあるクラスを描いているのですが、登場人物の表情が繊細で、特に物語の前半部分は共感できる部分が多いと思います。10代という難しい時期の、友達なのに本音が言えないという葛藤をはじめ、キャラクターの細かい喜怒哀楽が、キャストの皆さんの素晴らしいお芝居で妙にリアルで。また、合唱コンクールに向けてみんながひたむきに頑張っていく姿や、後半にかけてのマリアと目黒の関係性など、緩急がある見やすい構成になっています。あと、監督のこだわりで、女性がどの角度から見てもすごくキレイに映っていて。そういう美しい世界をうっとりしながら、ワクワクしながら、楽しんでいただけるとうれしいです。

この記事の画像・動画(全21件)

関連記事

飯島寛騎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)HJホールディングス

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 飯島寛騎 / 浅川梨奈 / 横尾初喜 / 吉田恵里香 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。