宇宙犬ドキュメンタリー「犬は歌わない」メイキング映像、監督のインタビュー配信も

41

6月12日に封切られるドキュメンタリー「犬は歌わない」より、著名人コメントとメイキング映像が到着した。

「犬は歌わない」オンラインイベント告知ビジュアル

「犬は歌わない」オンラインイベント告知ビジュアル

大きなサイズで見る(全14件)

「犬は歌わない」

「犬は歌わない」[拡大]

オーストリア・ドイツ合作の本作は、1957年に世界初の“宇宙飛行犬”として人工衛星・スプートニク2号に乗り込んだライカを軸にした作品。現在のロシア・モスクワを舞台に、ソ連の宇宙開発計画のアーカイブと犬目線で撮影された映像から、宇宙開発や理不尽な暴力、犬を取り巻く社会を映し出す。

「犬は歌わない」

「犬は歌わない」[拡大]

小説家の古川日出男は、「野良犬が大気圏外に出る。宇宙犬がストリートに生きる。そして交錯する60年以上前のモスクワと現代のあなた。あなたは犬か? あなたは野生か?」と語りかけ、人類学者の中沢新一は「Space Dogsは神話の美しさを湛えている」とつづった。また、YouTubeで公開されたメイキングには、犬目線で撮影された映像を作り上げるために、モスクワの街角を駆け巡ったスタッフたちの姿が捉えられている。

さらに明日6月10日21時より、監督のエルザ・クレムザーレヴィン・ペーターが出席するオンラインイベントをYouTubeで実施。批評家の金子遊が両監督に作品の見どころを聞く。

「犬は歌わない」は東京のシアター・イメージフォーラム、神奈川・あつぎのえいがかんkikiほか全国で順次公開。

古川日出男(小説家)コメント

野良犬が大気圏外に出る。宇宙犬がストリートに生きる。
そして交錯する60年以上前のモスクワと現代のあなた。
あなたは犬か? あなたは野生か?

中沢新一(人類学者)コメント

野良犬にとって地上の生は過酷だが、宇宙犬たちにとっても宇宙空間に出ていくのはさらに過酷だった。ロシアでは過酷さの中から信じられないほどに美しいポエジーが生まれてきた。
Space Dogsは神話の美しさを湛えている。

沖メイ(ミュージシャン)コメント

地球があるということ。
そこに生命があるということ。
そのなかに、私たち人間がいるということ。
物事の多様性、そして生き方の多様性をフィルターとし、事実から目を背けないこと。
それは善悪をジャッジすることではなく、ただ真摯に実直に命を生きたいと願う本能なのだと、この映画を見て感じました。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

リンク

(c)Raumzeitfilm

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 犬は歌わない / エルザ・クレムザー / レヴィン・ペーター / 古川日出男 / 中沢新一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。