上白石萌歌が「世にも奇妙な物語」で主演、デジャヴに苦しむ大学生に

168

「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」が6月26日にフジテレビで放送決定。4つのエピソードのうちの1つ「デジャヴ」で上白石萌歌が主演を務める。

「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」の1編「デジャヴ」。

「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」の1編「デジャヴ」。

大きなサイズで見る(全3件)

「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」の1編「デジャヴ」。

「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」の1編「デジャヴ」。[拡大]

タモリがストーリーテラーを担当する「世にも奇妙な物語」。同シリーズ初出演の上白石は、大学生の南野ひかりに扮する。頻繁に既視感を覚えるようになり、そのあとには必ず激しい頭痛に襲われるひかり。彼女は誕生日の朝、覆面姿の男が部屋に忍び込むのを目撃し、ある事件に巻き込まれていく。

上白石は「以前雑誌のインタビューで、“今後の夢は?”と聞かれた時に“『世にも奇妙な物語』に出演することです”と答えたくらい、この作品に出演することは昔からの夢で、幼い頃からの憧れでしたので、素直にうれしかったです」とコメント。「決して誰もがハッピーになれるような物語ではないかもしれませんが、このような日常にあふれる不思議な体験や、皆さんの身にも起こりうるようなことをこのドラマでは具現化しているので、是非一緒に奇妙な体験をしていただけたらと思います」とメッセージを送った。

「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」の1編「デジャヴ」。

「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」の1編「デジャヴ」。[拡大]

上白石のほか、鶴見辰吾がひかりの父・正隆役、亜呂奈が母・凛子役で出演。玄理が正隆の同僚・進藤亜紀を演じる。城宝秀則が演出、荒木哉仁が脚本を担当した。

「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」は21時から放送。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語'21夏の特別編」

フジテレビ 2021年6月26日(土)21:00~23:10

上白石萌歌 コメント

オファーが来たときの感想

以前雑誌のインタビューで、“今後の夢は?”と聞かれた時に“「世にも奇妙な物語」に出演することです”と答えたくらい、この作品に出演することは昔からの夢で、幼い頃からの憧れでしたので、素直にうれしかったです。小学校の頃から家族で見ていましたし、当時学校でも「世にも奇妙な物語」は話題になっていて、放送の後は友達みんなで盛り上がっていたドラマでした。

台本を読んでの感想

正直、一度読んだだけではよくわからなかったです。同じことが何度も繰り返されたりすごく複雑で、3、4回読んでやっと理解できました。誰がいい人で、誰が悪い人なのかわからない状態の中で必死にもがく役なので、読んでいても疲労感がありましたし、撮影期間が短いということもあり、これをどのように映像化するんだろう?とも感じました。

実際に演じてみて

毎日毎日汗だくで、声も極限までだして、すごく全身を使って自分のすべてを消耗していくような撮影でした。デジャヴが繰り返されていることは、演じている時点では想像するしかないので、一生懸命想像しながら演じました。とにかくよく走り、よく叫び、肉体的にも精神的にもとてもいい疲労感がありましたので、ひかりが必死にもがき苦しむ姿が、皆さんに伝わればいいなと思って、毎カット全力で取り組みました。現場では共演者の皆さんのおかげで、無理なくおびえることができて、大声も自然に張りあげることができたので、すごく感謝しています。

説明できないような体験をしたことはあるか

デジャヴは、私もよく経験したことがあります。たとえば1回もご一緒したことのない共演者の方や撮影スタッフさんのことを“以前、ご一緒したことがあるんじゃないか?”と思ったり、日々のふとした瞬間…家でご飯を食べている時に、“この雰囲気、見覚えがあるな”という、ちょっと説明しがたい不思議な経験はしたことがあります。デジャヴは、比較的経験されたことのある方もいるのではないかと思います。実は、私は結構落とし物をすることが多くて、財布や鍵とか、貴重品はほぼ全部落としたことがあるんですけれど、不思議と全部それが戻ってくるんです。説明のできない、特殊な能力を持っているかもしれませんね(笑)。そういう自分の体験からも、「世にも奇妙な物語」のような現象は、信じています。日常でも不思議なことはたくさんあるので、人ごとではないと思いますし、物語の現象だけにとどまらない気がしています。

視聴者へのメッセージ

決して誰もがハッピーになれるような物語ではないかもしれませんが、このような日常にあふれる不思議な体験や、皆さんの身にも起こりうるようなことをこのドラマでは具現化しているので、是非一緒に奇妙な体験をしていただけたらと思います。

渡辺恒也(編成企画)コメント

初めてのことなのに、前にも経験したことがあるような気がする…。“デジャヴ(既視感)”と呼ばれるこの現象は、今までにもさまざまなフィクション作品の題材として取り上げられてきましたが、今作は主人公が体験するデジャヴを入口として、より深く、より奇妙な多層世界に巻き込まれていくというお話です。“意識や記憶といった人間の根源的な要素を描いた、本格的なSFに挑戦したい”という思いで企画しました。主人公・ひかり役を演じるのは、個人的には「教場」シリーズでもご一緒した上白石萌歌さん。難しい世界観をすぐに理解し、作品の根底にある“家族愛”や“勇気”というテーマを自分の中に落とし込んで、間違いのないお芝居で表現していただきました。少し複雑なお話ですが、サスペンスや謎解きの要素も含めたエンターテインメント性の高い一篇(いっぺん)になっていますので、是非リアルタイムで考察しながらお楽しみください!

この記事の画像(全3件)

(c)フジテレビ

関連記事

上白石萌歌のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 上白石萌歌 / 鶴見辰吾 / 玄理 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。