「トマホーク ガンマンvs食人族」のS・クレイグ・ザラー監督作が日本初公開

74

メル・ギブソンが主演を務めた「Dragged Across Concrete」が、「ブルータル・ジャスティス」の邦題で8月28日より東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7で公開される。

「ブルータル・ジャスティス」

「ブルータル・ジャスティス」

大きなサイズで見る

日本劇場未公開の過去2作「トマホーク ガンマンvs食人族」「デンジャラス・プリズン ―牢獄の処刑人―」で、ジャンル映画ファンを中心に大きな注目を集めている監督S・クレイグ・ザラーが2018年に発表した本作。その容赦なき暴力描写から、第40回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)で“もっとも人命と公共物を軽視している映画”にノミネートされた。

劇中では、強引な逮捕が原因で6週間無給の停職処分を受けたベテラン刑事ブレットと、その相棒トニーの姿が描かれる。家族のために大金を必要としていたブレットは、不穏な動きを始めた犯罪者の情報を得て、その取引後に金を強奪することを計画。トニーとともにボーゲルマンという男を監視し尾行するが、その追走劇は2人を地獄へと導いていく。

ギブソンがブレット役、「ハクソー・リッジ」のヴィンス・ヴォーンがトニー役で出演。「ハリエット」のトリー・キトルズ、「スポーン」のマイケル・ジェイ・ホワイト、ドラマ「デクスター」のジェニファー・カーペンター、「アイアン・スカイ」シリーズのウド・キア、「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」のトーマス・クレッチマン、「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」のドン・ジョンソンもキャストに名を連ねた。

※「ブルータル・ジャスティス」はR15+指定作品

関連記事

S・クレイグ・ザラーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ブルータル・ジャスティス / S・クレイグ・ザラー / メル・ギブソン / ヴィンス・ヴォーン / トリー・キトルズ / マイケル・ジェイ・ホワイト / ジェニファー・カーペンター / ウド・キア / トーマス・クレッチマン / ドン・ジョンソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。