円谷プロ×NetflixでCGアニメ映画「Ultraman」制作、ウルトラマンが“新米パパ”に

132

円谷プロダクションとNetflixがCGアニメ長編映画「Ultraman(原題)」を共同制作することがわかった。

「Ultraman(原題)」ティザーアート

「Ultraman(原題)」ティザーアート

大きなサイズで見る

本作の主人公は野球界のスター選手であり、地球を守るスーパーヒーロー・ウルトラマンとしての顔も持つサトウ・ケン。ケンは日本に帰国するも、宿敵の子である赤ちゃん怪獣の養育を任されるという思いもよらない事態に。チームの一員として、また“新米パパ”として奮闘しながら、自分の中にあるエゴや疎遠になっている父、過激な怪獣防衛軍の台頭と向き合い、ウルトラマンであることの本当の意味を見出していく。

監督を務めるシャノン・ティンドルは「この映画を作ることは、私の長年の夢でした。円谷英二さんの『ウルトラマン』に対する私の愛から生まれたオリジナルストーリーが、幸運にも映画として実を結ぶことになりました」と喜びをつづった。

共同監督としてジョン・アオシマも名を連ね、脚本をティンドルとマーク・ヘイムズが担当。「スター・ウォーズ」シリーズなどを手がけてきたアメリカのVFX制作会社インダストリアル・ライト&マジック(ILM)も参加する。

これまで円谷プロダクションとNetflixは、清水栄一と下口智裕によるマンガを原作としたアニメシリーズ「ULTRAMAN」も共同制作した。同作のシーズン2は配信時期が決まり次第発表される。

シャノン・ティンドル(監督)コメント

この映画を作ることは、私の長年の夢でした。円谷英二さんの「ウルトラマン」に対する私の愛から生まれたオリジナルストーリーが、幸運にも映画として実を結ぶことになりました。円谷プロダクションの方々からの素晴らしい信頼と、Netflixアニメーション部門の皆さんのサポートに、心から感謝しています。優れたメンバーがそろった私たちチームの斬新な「Ultraman」を、世界中の視聴者にお届けできる日を楽しみにしています。

塚越隆行(円谷プロダクション代表取締役会長兼CEO)コメント

「ウルトラマン」は55年前、当社の創業後間もなく日本で誕生しました。円谷プロダクションにとって今回のNetflixとの取り組みは、創業以来初めての本格的な全世界に向けての展開になります。「ウルトラマン」は、これまで多くの人たちを魅了してきました。シャノン・ティンドル氏もその一人です。彼は子供のころからウルトラマンに大きな影響を受けて育ち、そしてクリエイターになったとお聞きしています。今度は世界中の子供たちが、Netflixを通じてシャノンのウルトラマンを観て、勇気と希望と思いやりの気持ちを育んでもらえたらうれしいです。

アラム・ヤクービアン(Netflixオリジナルアニメーション部門ディレクター)コメント

親愛なる円谷プロダクションの皆さんと協力し、この人気ヒーローを世界中のNetflixメンバーに楽しんでいただけることを、大変光栄に思います。また、シャノン、ジョン、そして「ウルトラマン」を愛する各国の素晴らしいアーティストたちと手を組めることに胸が躍っています。この日本の国民的ヒーローを愛するファンに、私たちの映画をお届けするのがとても楽しみです。初めて観る若い世代の皆さんにとっても、きっと新しいお気に入りのスーパーヒーローとなるでしょう。

関連する特集・インタビュー

関連記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。