アニメ「ULTRAMAN」特集|世界が熱狂した“新生ウルトラマン”が地上波に登場!

2019年4月よりNetflixで独占配信され、国内外で高い評価と人気を得た3DCGアニメーション「ULTRAMAN」。本作のテレビ放送が4月12日にTOKYO MX、14日にBS11でスタートする。

「ULTRAMAN」は、円谷プロダクションによる特撮ドラマ「ウルトラマン」の後日譚として、清水栄一×下口智裕によるマンガが月刊ヒーローズ(ヒーローズ)にて連載中。ウルトラマンが地球を去ったあとの世界を舞台に、ウルトラマンの因子を受け継ぐ主人公・早田進次郎が使命に目覚めていくさまを描く。アニメは神山健治と荒牧伸志が監督を務め、声優には木村良平、江口拓也、潘めぐみらが名を連ねた。

ナタリーではジャンルを横断して本作の特集を展開していく。映画ナタリーでは海外ヒットの理由をNetflix担当者に直撃。音楽ナタリーには新オープニング主題歌を手がけたOLDCODEXが登場するほか、コミックナタリーでも2回の特集を実施する予定だ。

INDEX

第1回 映画ナタリー Netflixプロデューサーに直撃取材!世界中で大ヒットした6つの理由
第2回 音楽ナタリー OLDCODEX 革新的なアニメで追求した、オープニング主題歌の新たな可能性
第3回 コミックナタリー Coming soon
第4回 コミックナタリー Coming soon

INTRODUCTION

かつてこの世界には、巨大な怪獣や異星人から地球の平和を守り続けてきた<光の巨人>がいた。その名もウルトラマン。使命を終えると遠い宇宙にある故郷へと帰還し、地球ではウルトラマンの存在は過去のものとなった──。

「ULTRAMAN」は、その昔ウルトラマンであった男の息子が新世代のヒーローとなるべく奮闘する物語だ。平凡な高校生・早田進次郎が自身の持つ力を知り、戸惑いや葛藤を抱えながらも敵に立ち向かう姿は、若者を中心に多くの人々から共感と支持を受けた。原作コミックは累計発行部数300万部を突破している。

アニメーション化にあたり、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの神山健治と「アップルシード」の荒牧伸志が監督を務めた。世界中に熱狂的なファンを持つ2人のもと、フル3DCGアニメーションとして制作。モーションキャプチャ技術による生き生きとしたキャラクターやダイナミックなアクション表現にも注目してほしい。

INTRODUCTION

早田進次郎
ULTRAMAN
早田進次郎 / ULTRAMAN(CV:木村良平)

かつてウルトラマンであった早田進の息子。ウルトラマン因子を受け継いだため超人的な力を持つ。あるとき父を助けるためULTRAMAN SUITをまとい、その後も葛藤しながら敵と戦う。内面はごく普通の男子高校生。

諸星弾
SEVEN
諸星弾 / SEVEN(CV:江口拓也)

科学特捜隊に所属する青年。極めて人間に近い姿をしているが異星人である。冷静沈着な性格で、進次郎と同じくULTRAMAN SUIT ver 7(通称「セブンスーツ」)を着て戦う。

北斗星司
ACE
北斗星司 / ACE(CV:潘めぐみ)

進次郎の高校の後輩。大事故で体の大部分を損傷し、異星人に両手両足を改造された。強化スーツ(通称「エーススーツ」)で戦う。科特隊へ入隊を希望する一方、裏では社会悪への制裁と称して恐喝を行う。

早田進
早田進(CV:田中秀幸)

進次郎の父。その昔ウルトラマンと同化して地球を守っていたが、その後は記憶を失い防衛大臣として活動してきた。

佐山レナ
佐山レナ(CV:諸星すみれ)

超人気アイドル。ウルトラマン好きを公言するが、ウルトラマンと異星人の戦いに巻き込まれ母を亡くしたことから、内心では憎んでいる。

エースキラー
エースキラー(CV:平田広明)

傭兵部隊を率いる殺し屋。星団評議会に雇われ、北斗星司の殺害を依頼される。