DMXの死去受けジェット・リーがコメント、「ブラック・ダイヤモンド」などで共演

173

ラッパーであり、俳優としても活動していたDMXが50歳で死去したことを受け、共演経験のあるジェット・リーが日本時間の本日4月10日にTwitterで追悼コメントを発表した。

「ブラック・ダイヤモンド」より、左からジェット・リー、DMX。(写真提供:Look Press Agency / Look Press / Avalon / ゼータ イメージ)

「ブラック・ダイヤモンド」より、左からジェット・リー、DMX。(写真提供:Look Press Agency / Look Press / Avalon / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

1970年12月18日、アメリカ生まれのDMXは、1998年にデビューアルバム「It's Dark and Hell Is Hot」をリリースして以降、数々の作品で音楽チャートを賑わせ、一時代を築いた。俳優としてはアンジェイ・バートコウィアクによる“ヒップホップ・カンフー映画3部作”、「ロミオ・マスト・ダイ」「ブラック・ダイヤモンド」でジェット・リー、「DENGEKI/電撃」でスティーヴン・セガールと共演したことなどで知られており、「ネバー・ダイ・アローン」では主演を務めた。

ジェット・リーはTwitterにて「真のレジェンドであるDMXのご冥福をお祈りします。あなたと出会い、仕事ができたことは本当に光栄なことでした」と思いをつづっている。

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ネバー・ダイ・アローン / ブラック・ダイヤモンド / DENGEKI/電撃 / ロミオ・マスト・ダイ / DMX / ジェット・リー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。