ロベール・ブレッソン「田舎司祭の日記」4K版公開、「やさしい女」リマスター版も

767

ロベール・ブレッソン監督作「田舎司祭の日記」の4Kデジタル・リマスター版が、5月14日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

「田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版」メインビジュアル (c)1950 STUDIOCANAL

「田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版」メインビジュアル (c)1950 STUDIOCANAL

大きなサイズで見る(全18件)

「田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版」 (c)1950 STUDIOCANAL

「田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版」 (c)1950 STUDIOCANAL[拡大]

1951年に製作された「田舎司祭の日記」は、北フランスの寒村に赴任した若い司祭の物語。体の不調を覚えながらも布教と善行に務める司祭だが、その純粋な信仰への思いは村人たちとの間に次第に溝を作り、事態は思いもよらぬ方向へ進んでいく。

「田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版」 (c)1950 STUDIOCANAL

「田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版」 (c)1950 STUDIOCANAL[拡大]

マーティン・スコセッシの「タクシードライバー」やポール・シュレイダーの「魂のゆくえ」などに影響を与えた「田舎司祭の日記」。日本での本格的な劇場公開はこれが初となる。

「やさしい女(デジタル・リマスター版)」キービジュアル

「やさしい女(デジタル・リマスター版)」キービジュアル[拡大]

なお同じくブレッソンが監督を務めた「やさしい女(デジタル・リマスター版)」のリバイバル上映も決定。4月29日より東京・東京都写真美術館ホールほか全国で順次上映される。

この記事の画像(全18件)

関連記事

ロベール・ブレッソンのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 田舎司祭の日記 / やさしい女(デジタル・リマスター版) / ロベール・ブレッソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。