拘束されても高飛車、マーベルドラマ第3弾「ロキ」予告編公開

449

マーベル・スタジオのドラマシリーズ「ロキ」の予告編がYouTubeで公開された。

「ロキ」

「ロキ」

大きなサイズで見る(全3件)

「ロキ」キービジュアル

「ロキ」キービジュアル[拡大]

「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」に続く、マーベル・スタジオのディズニープラスオリジナルドラマ第3弾となる本作は、「アベンジャーズ/エンドゲーム」後の世界を描く物語。劇中では瞬間移動を可能にする四次元キューブで時空を駆け巡ったロキが、時間の流れを守っているという謎の組織TVAに拘束され、自分が改変してしまった現実をもとに戻す任務を与えられる。トム・ヒドルストンがロキを演じた。

映像には捕われている身にもかかわらず、「私は賢い」「甘いな、私を操れると思うとは」「私は十枚上手だ」「私を信頼しろ」と高飛車な姿勢を崩さないロキの姿を収録。終盤ではオーウェン・ウィルソン扮するTVAの職員から「君の人生をたどってみたが、50回は人を裏切っている」と言われるも、ロキは「二度としない」と宣言する。

ドラマ「セックス・エデュケーション」のケイト・ヘロンが監督を務めた「ロキ」は、ディズニープラスで6月11日から日米同時配信。

この記事の画像・動画(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

トム・ヒドルストンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 Marvel

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 トム・ヒドルストン / オーウェン・ウィルソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。