のむらなお監督作「男の優しさは全部下心なんですって」5月に公開

489

のむらなおが監督と脚本を担当した「男の優しさは全部下心なんですって」の劇場公開が決定した。

「男の優しさは全部下心なんですって」ポスタービジュアル

「男の優しさは全部下心なんですって」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

「男の優しさは全部下心なんですって」

「男の優しさは全部下心なんですって」[拡大]

「男の優しさは全部下心なんですって」

「男の優しさは全部下心なんですって」[拡大]

MOOSIC LAB 2019で上映された本作は、遊園地の跡地にできたショッピングモールでメリーゴーラウンドの受付として働き、“恋愛体質純情セカンド”というあだ名を持つ女性・宇田みこが主人公の物語。みこを長編映画初主演の辻千恵が演じ、水石亜飛夢森蔭晨之介五味未知子田中俊介田中真琴こだまたいち安倍乙木口健太上田操加藤才紀子原田大二郎が共演に名を連ねる。

「男の優しさは全部下心なんですって」

「男の優しさは全部下心なんですって」[拡大]

「男の優しさは全部下心なんですって」は、5月7日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開。のむらと辻から届いたコメントは下記に掲載する。

※「男の優しさは全部下心なんですって」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

のむらなお コメント

恋の宣誓

ここだけの話、宇田みこって私なんですけど、
私にとって宇田みこは、さいしょっからさいごまで捉えきれない女でした。恋、そのもの。生、そのものなのかもしれません。

人は揺らぎ続けています。私は明日の私を信用していません。今だけがあり続けるし、無数の関係性の中に無数に私はいます。
無常です。この世は無常。私は無常。それだけがほんとう。

揺らいでいる私が書いて、揺らいでいる辻千恵が演じて、揺らいでいる私が撮って、揺らいでいる私が編集を重ねたから、出会い続ける宇田みこはその度色んな顔をしていて、この今も捉えきれない存在です。

桜が散って、新芽の緑が息吹く季節に、
お客さんひとりひとりもゆらいでいて、映画館の暗闇で私たち、ゆらゆらですね。

さいごに、
揺らぎとは真逆の、誓いとか約束とか責任とか嘘になるからいやなんですけど、
でも、
ゆらいでいるけど愛しているから、
私は今この瞬間にも変わり続ける肉体で、恋をし続けることをここに宣誓しちゃいます。

辻千恵 コメント

「男の優しさは全部下心なんですって」改めて攻めたタイトルだなと思います。と同時に考えさせられる人も多いのも事実かなと思います。撮影中監督に「実際監督は男の優しさは下心だと思ってますか?」と質問すると、「思ってない」と返事をもらってすっと腑に落ちました。わたしもだからです。撮っていてそう思っていました。みこちゃんのように目の前の全てを好きになって入り込める時間は尊い。眩しく見えます。この作品をみる時期によって全く感じ方は変わると思います。私自身がそうです。そうやってこの作品に飲み込まれていく人が多くいてくださったら嬉しいです。

この記事の画像(全6件)

(c)2021 Z.S.G.K

関連記事

のむらなおのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 男の優しさは全部下心なんですって / のむらなお / 辻千恵 / 野村奈央 / 水石亜飛夢 / 森蔭晨之介 / 五味未知子 / 田中俊介 / 田中真琴 / こだまたいち の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。