なぜ彼女は沈黙したのか?ココ・シャネルの実像に迫るドキュメンタリーが公開

41

ココ・シャネルのドキュメンタリー「ココ・シャネル 時代と闘った女」が、7月23日より東京のBunkamura ル・シネマほか全国で順次公開される。

「ココ・シャネル 時代と闘った女」メインビジュアル

「ココ・シャネル 時代と闘った女」メインビジュアル

大きなサイズで見る

シャネル没後50年と、彼女が創設したブランド・シャネルの香水「No.5」の誕生100年を記念して公開される本作。ナチスドイツによるパリの占領が解けた1944年、スイスに向かったシャネルは、復活を遂げる1957年まで10年以上にわたり沈黙していた。本作では、彼女の沈黙の謎を解き明かし、多面的で孤独なその生涯と実像に迫る。

監督と脚本を担当したのはジャン・ロリターノ。「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」のランベール・ウィルソンがナレーターを務めた。

関連記事

関連商品

(c)Slow Production, Arte France

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ココ・シャネル 時代と闘った女 / ジャン・ロリターノ / ランベール・ウィルソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。